V-Ray for Rhino

  1. V-Ray 3.0 for Rhino パブリックベータを開始 (3.40 Beta)

    V-Ray 3 for Rhino Beta - 参加人数に制限があります!!このV-Ray 3 for Rhino パブリックベータでは新しいインターフェースを採用し、高速でクリーンなワークフローを提供します。 ベータテスター数には限りがありますのでぜひ早めに申請してお試しください。

    続きを読む
  2. [V-Ray] 2016年8月1日より ChaosGroup 製品の価格を改定させていただきました。(値下げです。)

    2016年8月1日より、ChaosGroup 製品の価格を改定させていただきました。(値下げです。)さらにお求めやすくなりましたので、この機会にぜひV-Rayの導入をご検討ください。

    続きを読む
  3. [Rhino] V-Ray 3.0 for Rhino の新インターフェース初公開

    Novedge社のチャンネルにてChaosGroupが V-Ray 3.0 for Rhino の新ユーザーインターフェースを公開しました。(V-Ray 3.0 for SketchUpや V-Ray3dsMax/MayaのVRmatエディタも将来的にこのUIになると思われます。

    続きを読む
  4. V-Ray 3.0 for Rhino パブリックベータが間もなく開始。Mac OSXにも対応。2月1日以降の新規購入は 3.0 へ無償アップグレードを提供致します!

    ChaosGroupは、近日 V-Ray 3.0 for Rhino のパブリックベータを開始致します。 V-Ray 3.0 for Rhinoはプログラムが刷新されGUIが一新された他、様々な新機能が追加されています。

    続きを読む
  5. [V-Ray用ユーティリティ] Mudbox用 VRMESH 出力プラグイン公開

    ChaosGroupは MUDBOX から直接VRayネイティブのメッシュ形式(vrmsh)で書き出せるプラグインを公開しました。ChaosGroupフォーラムのこちらからダウンロードできます。

    続きを読む
  6. V-Ray for Rhino “2.00.25962” アップデート

    ChaosGroupは V-Ray for Rhinoの最新バージョン "2.00.25962" をリリースしました。このリリースでは細かな不具合を修正しています。既存V-Ray 2.0 for Rhinoユーザー様に無償で提供されます。

    続きを読む
  7. V-Ray 2.0 SP2 for Rhino (build 2.00.25251) アップデートがリリース

    ChaosGroupは V-Ray 2.0 for Rhino の最新バージョン 「2.0 SP2」をリリースしました。このバージョンはV-Ray for Rhinoの全体的なコードを最適化しているのが特徴です。

    続きを読む
  8. V-Ray 2.0 for Rhino SP1 アップデートリリース

    ChaosGroupは2014年9月26日付けでRhinoceros用V-Rayの最新アップデート「V-Ray 2.0 for Rhino SP1」を提供開始しました。V-Ray 2.0 for Rhinoユーザー様は無償でアップデートいただけます。

    続きを読む
  9. V-Ray 2.0 for Rhino をリリース。(1.5 ユーザーは無償アップグレードです)[学生・教員・教育期間版除く]

    ChaosGroupは2013年12月09日付けで Robert McNeel & Associates社 Rhinocreos®用のフォトリアリスティック・レンダリングシステム「V-Ray 2.0 for Rhino」をリリース致しました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る