3dsmax

M&E Collection とは

3D アセットおよび環境を最初の原案から

Media & Entertainment Collection(メディア & エンターテインメント業界向けコレクション) では、好みに応じて作業に最適な 3D ツールを自由に選択して使用できます。このコレクションを使用すれば、クライアントやアーティストにより多くの柔軟性を提供できるため、コストを抑えつつ、生産性を向上し、アセットをより効率的に再利用して、創造性を高めることができます。

3dsmax

3ds Max

3Dモデリング、アニメーション、レンダリング ソフトウェア

maya

Maya

3Dアニメーション、モデリング、シミュレーション、レンダリング用ソフトウェア

arnold

Arnold

レイトレーシング レンダラー 5ライセンス パック

motionbuilder
MotionBuilder

3D キャラクタ アニメーション ソフトウェア

mudbox
Mudbox

3Dデジタル ペインティングおよび 3D スカルプティング ソフトウェア

ReCap
ReCap

3Dスキャニングのためのソフトウェアとサービス

sketchbook
SketchBook for Enterprise

ドローイングとペインティング用ソフトウェア

Character Generator
Character Generator

3D キャラクタ アニメーション ソフトウェア

Autodesk Rendering
Autodesk Rendering

クラウド レンダリング

サブスクリプション とは

2016年8月01日より永久ライセンスを廃止し、サブスクリプション制へ移行しました

2016 年 8 月 1 日の時点で保守プランを契約していたお客様は、契約更新のタイミングで、今契約の保守プランを特別価格でサブスクリプションに切り替えることが出来ます。また3dsMaxなどの単体製品の保守プランを契約の場合は、特別価格でM&ECollectionのサブスクリプションに切り替えることが出来ます。

サブスクリプションメリット

最新バージョンや拡張機能をAutodeskAccountから入手可能。ライセンス管理が簡単になりました。

サポートサービス

保守プランで提供されていた特典に加え、予約制電話サポートを提供。追加費用はかかりません。

以前のバージョンも使用可能

保守契約プランの特典としてDL後アクティベーションしたソフトはサブスクリプションに切り替えた後も利用できます。※例外あり

データの機密性

サブスクリプションに切り替えた後でも製品ファイルとデータはすべて続けて使用出来ます。

クラウドアプリの利用

ソフトウェア使用権は指定のユーザーに紐付きます。パソコンへインストールするデスクトップ型以外に、クラウドサービスの利用も出来ます。

オフラインでも使える

最初のDLとアクティベーションにはインターネット接続が必要です。その後30日に一度インターネットに接続すればシングルユーザーはオフラインで利用できます。

M&E Collection 価格表

詳細はお見積りをお願いいたします

シングルユーザー
  • 指定されたユーザーのみ利用できます
  • 複数インストールは出来るが、同時利用は契約されているライセンス数分のみ
  • 30日間に1度インターネット接続によるオンライン認証すればオフラインで利用可能

Autodesk M&Eコレクション [1年間ライセンス] [シングルユーザー]

¥320,000(定価税別)

お見積りはこちら
マルチユーザー
  • LANの中のユーザーであれば利用可能
  • ライセンスファイルで使用できるユーザーを制御も可能
  • 指定されたライセンスサーバーに格納され、複数インストールは出来るが、同時利用は契約されているライセンス数分のみ
  • サーバーにライセンスを取得後は、インターネット経由での認証は必要なし

Autodesk M&Eコレクション [1年間ライセンス] [マルチユーザー]

¥448,000(定価税別)

お見積りはこちら
M&E Collection + V-Rayバンドル
  • Autodesk製品とV-Rayを同時に購入すると割引が適用されます
  • 対象商品はV-Ray for 3dsMax,V-Ray for Maya
  • V-Ray製品の詳細はV-Ray.jpをご確認ください
お見積りはこちら

その他保守プラン等のお問い合わせ
お問い合わせ