ブログ

V-Ray V-Ray 6 SketchUp&Rhino のhotfix1がリリース

 

Chaos社は V-Ray 6 for SketchUpRhino hotfix 1(6.00.01) をリリース致しました。

このhotfix版にはバグの修正と改善が含まれています。

V-Ray 6 ユーザー様は無償でダウンロード可能です。

https://download.chaosgroup.com/

V-Ray for SketchUp

新たに追加された項目

  • 中国語の翻訳が実装されました。この新しい翻訳版のV-Ray UIは、中国語版のSketchUpを使用する際に自動的に切り替わります。また”拡張機能 / V-Ray / Language”からで言語を手動で変更することもできます 。 

改善とバグフィックス

  • Chaos Cloudが最新バージョンにアップデートされました
  • 全てのホストアプリケーションのマテリアルは、アセットエディタでSketchUpのものと同じプレビューが表示されるようになりました。
  • 任意の V-Ray マテリアルをホスト アプリケーションのマテリアルに変換する機能が実装されました。これは、拡張機能/V-Ray/ Tools メニューにある”Remove V-Ray Properties from Material(マテリアルからV-Rayプロパティを削除)”という機能です。また、同じメニューに “Convert to V-Ray Material(V-Ray マテリアルに変換)” 機能もあります。これは、以前に利用可能だったワークフローの代わりとして使用できます。
  • ホストマテリアルをV-Rayマテリアルに変換する別の方法は、アセットエディターでマテリアルを右クリックすると表示されるコンテキストメニューで利用できます。この操作により、1回のクリックで複数のホストマテリアルを変換することができます。
  • Enscape マテリアルのReflection Roughnessマップの伝達関数が正しく「なし」に設定されるようになりました。
  • 特定のプロジェクトにおけるマテリアルのパージと名前の変更に関連するいくつかの問題が解決されました。
  • V-Ray で回転した Enscape テクスチャが正しくレンダリングされない問題は解決されました。
  • 特定の vrscene ファイルが V-Ray シーン インポーター経由でインポートされない問 題は解決されました。
  • Cosmos Browser を更新した直後に Cosmos アセットのインポートを妨げる問題は解決されました。
  • CUDA エンジンを使用して特定のプロジェクトをレンダリングするとクラッシュする問題は解決されました。
  • ホスト マテリアルを V-Ray マテリアルに変換しても、アセットエディタ の選択項目が変更されなくなりました。
  • 古いバージョンの V-Ray で作成されたシーンから特定のマテリアルを自動更新しても、移行エラーが発生しなくなりました。
  • アウトライナーでのアセットの新しい順序付け方法が実装されました。新しいデフォルトの方法では、最初にタイプに基づき、次にアルファベット順にのみアイテムを並べます。これにより、異なるタイプのアセットが混在することを回避でき、状況によってはプロジェクトの構成が改善されます。この動作を制御する新しい設定オプションがあります。(Advanced Settings / Configuration / Order Assets)
  • Wrapper シェーダとその Matte オプションを使用してセットアップされたシャドー キャッチャー マテリアルが V-Ray GPU でレンダリングできない問題は解決されまし た。ベータ版またはV-Ray 6の初期バージョンで保存されたそのようなマテリアルは、問題を解決するために再作成する必要があることに注意してください。
  • Light Gen の .lighset プロファイルの保存と読み込みが再び可能になりました。
  • アウトライナーのタグをその名前に基づいて順序付けるロジックが改良されました。同じベースネームと数字のサフィックスを使用するタグは、より直感的に順序付けされるようになりました。
  • 編集時にアセット名とタグ名のスペルチェックを行わないように変更
  • アセットタグを作成する際、タグ名が自動的に選択され、編集されるようになりました
  • ドラッグ&ドロップで特定のライブラリアセットをシーンにインポートできない問題は解決されました。
  • Cosmos ダウンロード フォルダを手動で変更した後に Light Gen が正しく動作しない問題は解決されました。いかなる場合においても、このフォルダの内容を変更してはいけません。
  • ドラッグ&ドロップでカラーを別のカラー スロットにコピーしても、不正確な結果を生成することはなくなりました。

Vison

  • プロシージャルクラウドシステムをサポート
  • 雲のアニメーションをサポート
  • Visionのフレームレートに60フレーム/秒の上限が再導入されました。

V-Ray for Rhino

改善とバグフィックス

  • Chaos Cloud が最新バージョンにアップデートされました。
  • Enscape マテリアルの法線マップ強度パラメータは、V-Ray でレンダリングされたときに尊重されるようになりました。
  • ダイナミッククラウドオプションは、インタラクティブレンダリング中に切り替えられるようになりました。
  • Enscape マテリアルのReflection Roughnessマップの伝達関数が正しく「なし」に設定されるようになりました。
  • V-Ray インストーラは、インストールに選択されていない Rhino バージョンのプラグインファイルをコピーしないようになりました。
  • 名前にカンマが含まれる Enscape マテリアルに関する問題は解決されました。
  • Cosmos ブラウザを更新した直後に Cosmos アセットのインポートを妨げる問題は解決されました。
  • バッチレンダリングツールには、既存のコンテキストメニューの代わりに直感的な ‘Add Current Model(現在のモデルを追加)’ ボタンが追加されました。
  • 削除された Enmesh アセットは、オブジェクトプロパティの Enmesh モディファイアドロップダウンリストに残らないようになりました。
  • アウトライナーでアセットを並べる新しい方法が実装されました。新しいデフォルトの方法では、最初にタイプに基づき、次にアルファベット順でアイテムが並びます。これにより、異なるタイプのアセットが混在することがなくなり、状況によってはプロジェクトの構成が改善されます。この動作を制御する新しい設定オプションがあります。(Advanced Settings / Configuration / Order Assets)
  • Wrapper シェーダとその Matteオプションを使用してセットアップされたシャドー キャッチャー マテリアルが V-Ray GPU でレンダリングできない問題は解決されまし た。ベータ版またはV-Ray 6の初期バージョンで保存されたそのようなマテリアルは、問題を解決するために再作成する必要があることに注意してください。
  • Light Gen の .lighset プロファイルの保存と読み込みが再び可能になりました。
  • アウトライナーのタグをその名前に基づいて順序付けるロジックが改良されました。同じベースネームと数字のサフィックスを使用するタグは、より直感的に順序付けされるようになりました。
  • 編集時にアセット名とタグ名のスペルチェックを行わないように変更
  • アセットタグを作成する際、タグ名が自動的に選択され、編集されるようになりました
  • ドラッグ&ドロップで特定のライブラリアセットをシーンにインポートできない問題は解決されました。
  • Cosmos ダウンロード フォルダを手動で変更した後に Light Gen が正しく動作しない問題は解決されました。いかなる場合においても、このフォルダの内容を変更してはいけません。
  • ドラッグ&ドロップでカラーを別のカラー スロットにコピーしても、不正確な結果を生成することはなくなりました。

Vison

  • プロシージャルクラウドシステムをサポート
  • 雲のアニメーションをサポート
  • Visionのフレームレートに60フレーム/秒の上限が再導入されました。

関連記事

ページ上部へ戻る