ブログ

IToo Software Forest Pack 8 リリース

IToo Software Forest Pack 8 リリース

3ds Max の最も高機能なスキャッタリング(分配・配置)プラグインがアップデートされ、強力なコンテナプラグインと Forestオブジェクトをリンクする新しい方法が追加されました。

Itoo社は Forest Pack 8 のリリースを発表できることを誇りに思います。これは、3ds Max 向けの最も歴史のあるスキャッタリングおよびシーンアセンブリープラグインの最新バージョンです。バージョン8では、Forestセット、リンクされた領域、エフェクトの改善などの追加により、最も堅牢で柔軟なスキャッタリングオプションとしての Forest Pack の評価がより確固たるものになり、ユーザーはシーンを設定する全く新しい効率的なワークフローを得る事ができます。概要については以下のビデオをチェックし、新機能の詳細については続きをお読みください。

 

新機能:Forest Set

Forest Set とは、シーンオブジェクトの多目的コンテナを作成するために使用される全く新しいヘルパー プラグインです。Forest Setオブジェクトは、ジオメトリ、サーフェス、参照、または領域のコレクションとしてForestオブジェクトに追加できます。複数のForestオブジェクトでForest Setを共有できるため、エリア、ジオメトリ、またはサーフェスを簡単に追加または削除し、編集しやすい1つの場所から複数のスキャッタを更新できます。さらに良いことに、レイヤーのコンテンツをフォレスト セットに動的にリンクできるため、使い慣れたシーン編成ツールを使用してスキャッターを簡単に更新できます。

 

エリアとサーフェスをリンク

相互に依存するスキャッタを作成する手段をさらに拡張するために、Forest Pack 8 では、別の Forest Pack オブジェクトで使用されているエリアとサーフェスにリンクする機能が追加されています。

この方法を使用すると、Forestオブジェクト毎にスプラインを複数回割り当てる必要なく、複数の子の全てのエリアを制御する単一の親Forestオブジェクトを持つことができます。エリアの各タイプに固有のパラメーターは継承されますが、柔軟な設定の為に 包む/除外、フォールオフなどの一般的なパラメーターはローカルにあり、Forestオブジェクト毎に変更できます。Forest Setとリンクされたエリアを組み合わせる事で、巨大で柔軟な相互リンクされたエコシステムをこれまで以上に簡単に作成できます。

注:新しい”リンクエリアの追加”ボタンの UIスペースを確保するために “複数追加”ボタンが削除されました。複数のエリアを追加するには、Shiftキーを押しながら “エリアの追加] ボタンをクリックすることで、複数のエリア追加オプションにアクセスできます。

サーフェスUVモードでエリア編集をサポート

Forest Pack 8では、要望の多かった Surface UV モードでエリア編集の機能も導入され、より柔軟になりました。以前のバージョンでは、UV モードを使用するには、他のタイプでは使用できるエリア機能を犠牲にする必要がありました。バージョン8 では、新しい Area -> Projection Axis パラメータを使用して3つの軸に沿って投影することにより、UV サーフェスと組み合わせてスプライン、オブジェクト、およびその他のエリアを使用できるようになりました。スプライン領域を使用する場合は”エッジ”モードもサポートされます。

 

紅葉 プリセット

肌寒い季節「秋」をレンダリングする為の、実写からスキャンされた高品質の”紅葉”を使用した新しいプリセットライブラリーを追加しました。プリセットは論理的に色別に整理されており、詳細作業用の個々のリーフと広い領域を塗りつぶすためのパッチの両方として提供されます。

 

Forest Effects の改良

Forest Effects は、分配領域に依存しないスプラインを参照する機能が追加され、この機能がまったく新しい方法で機能するようになりました。この新機能を使用すると、パスを使う事によって、分配領域に影響を与える事無く、より大きなスキャッターの一部だけを変更することができます。

スプライン入力は、エフェクトエディタのパラメーターロールアウトを使用して追加できます。新しいオブジェクトをサポートするいくつかの新しい関数があり、それらはすべて XY ローカル平面を使用して 2D で機能します。

  • insideSpline(spline, pos): 指定された”位置”がスプラインの内側にある場合は 1 を返し、そうでない場合は 0 を返します。スプラインの内側か外側かに基づいて、スキャッタアイテムに変更を適用する場合に便利です。
  • distanceSpline(spline, pos): “位置”からスプラインまでの2D上での最も近い距離を返します。スキャッターアイテムのスプラインへの距離(近さ)に基づいてフォールオフ・エフェクトを作成するのに役立ちます。
  • nearestPosSpline(spline, pos): “位置”からスプラインまでの最も近い点を返します。スキャッターアイテムをスプライン上の最も近い点に向けて移動させたいアトラクション(吸引)エフェクトに役立ちます。
  • nearestTangSpline(spline, pos): “位置”からスプラインまでの最も近い点の接線を返します。スキャッターアイテムをパスの方向に合わせるのに便利です。

パス配置モードを使用している場合、サーフェスやスプラインからマテリアル IDを読み取ることもできるようになりました。これは、次の2つの新しいアトリビュートを使用してサポートされます:

  • surfMatID: サーフェスのマテリアルID
  • splineMatID: スプラインのマテリアル ID。パス配置モードでのみ機能します。

Forest Effectsのフィルター

Forest Effectsをフィルタリングして、ジオメトリーリストのサブセットにのみ適用できるようになりました。これによりForestPackの強力なエフェクトシステムを使用して個々のタイプの植物を調整できます。

新しく追加されたForest Effectsプリセット

新しいEffectsの改良を説明するために、いくつかの新しいサンプルプリセットが利用可能です。これには、オブジェクトを回転させてスプラインをたどる、オブジェクトを傾けてスプラインをたどる、スプラインへの近接度または領域内でスケールする、スプラインのマテリアル IDで制限するなどの機能が含まれます。ここに完全なリストがあります:

  • Colour > Tint By Spline
    スプラインに近接するスキャッターアイテムに基づいて、Forest Colourを制御できます。
  • Dynamics > Spline Attraction
    指定されたフォールオフ距離内でアイテムをスプラインに向かって徐々に移動します
  • Dynamics > Spline Repulsion
    指定されたフォールオフ距離内でアイテムをスプラインから徐々に移動します
  • Item Effects > Swap Geometry by Spline
    スプラインの内側または外側にあるかどうかに基づいて、スキャッターアイテムにローカルな変更を加えることができます。アイテム間を徐々に移行できるようにディゾルブ効果とフォールオフ範囲があります。
  • Path Distribution > Inside of Spline (Path Mode)
    パスモードで閉じたスプライン内にある場合に、分配されたアイテムを除外する機能を追加します。
  • Path Distribution > Outside of Spline (Path Mode)
    パスモードでアイテムが閉じたスプラインの外側にある場合に、分配されたアイテムを除外する機能を追加します。
  • Path Distribution > Limit to Spline Material ID (Path Mode)
    マテリアルID を割り当てることにより、パス配置に使用するスプラインのセグメントを制御できます
  • Path Distribution > Limit to Material ID (Surfaces)
    サーフェスに割り当てられたマテリアルID を使用して分配を制御できます
  • Transform > Lean in spline Direction
    スプラインを使用してスキャッタを「コーム」できます。アイテムはパスと同じ方向に回転し、フォールオフと傾き角度を制御できます。
  • Transform > Rotate to follow Nearest Spline
    最も近いパスの方向に整列するように、オブジェクトを Z 軸で回転させます。
  • Transform > Scale by spline
    閉じたスプライン領域に基づいて (フォールオフカーブを使用して) アイテムをスケーリングするために使用できます。影響を受けるアイテムが、閉じた領域の内側/外側または内側と外側の両方にあるかどうかを選択できます。
  • Transform > Z Transform by Spline
    閉じたスプライン領域に基づいて Z軸上でアイテムを移動するために使用されます。地形タイプ間の移行のために石などを徐々に地面に沈めたい場合に便利です。

リンクされた階層のスキャッター

Forest Pack 8ではグループの代わりにソース ジオメトリの子オブジェクトをスキャッターさせ、それらの階層を維持できるようになりました。階層オブジェクトはアニメーション化でき、Forest Pack は通常のメッシュと同じように再生をランダム化することもできます!

この機能を使用するには、階層の最上位のオブジェクトを選択し “Geometry > Include Children” オプションをオンにします。

 

パス上の位置をランダム化

パスモードにて、スプラインに添ってオブジェクトの位置をシャッフルできるようになりました。規則的なパターンを排除して、植物やその他のオブジェクトをより自然に配置するのに最適です。

 

より簡単なエラー識別

ForestPack 8では問題を一目で特定できるため、貴重な時間を節約できます。 Forest Pack のアイコンはエラー状態に応じて3つの異なる色に変わるようになりました。

・赤: エリアが割り当てられていない。最大密度を超えているなどのエラーを示しています。
・緑: アイテムがない。カメラのクリッピングによってアイテムが隠されている事を示しています。
・オレンジ: 新しいFPオブジェクトや無効なオブジェクト等。その他のエラーを示しています。

その他の改良

  • V-Ray でユーザープロパティが保持されます
    V-Ray CPU ユーザーは、ForetPackでもユーザープロパティが保持され、V-Rayのユーザープロパティを使った高度なテクスチャリングワークフローを使用できます。
  • Arnoldレンダーで頂点カラーをサポート
    Arnoldユーザーは、マテリアルの頂点カラーを利用できるようになり、Forest Pack が最終的な外観を維持する事を確信できるようになりました。
  • ブラシ設定
    簡単にアクセスできるように、メインインターフェイスでブラシサイズのパラメータを使用できるようになりました。

詳細な概要については、iToo Software Web サイトの Forest Pack 8 ページを参照してください。すべての機能、修正、改善の完全な変更ログは、ドキュメントに記載されています。

どこからダウンロード?

IToo Software メンテナンス期間中のユーザー様は My Productsセクションにアクセスしてダウンロードするだけです。

IToo Software メンテナンスの有効期限が切れた場合でも、失効したプランに対する違約金なしで、さらに更新できるのでご安心ください。ご注文はこちらから

https://oakcorp.net/shop/list-itoo/

Forest Pack を触った事が無い?

Forest Pack のメリットをまだご存じない方は今がチャンスです。商用の仕事でも Lite バージョンを無料で試すことができます。完全なエクスペリエンスのためにアップグレードする準備ができたら、オンライン ストアから Forest Pack Pro を購入できます。

ForestPackの製品案内ページはこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る