MODO コーヒーのモデリング

MODO
初めまして!株式会社オークのキャラクターオークちゃんです。
当サイトの記事を読んでMODOを使えるようになったらと思っています。

始める前に

今回のチュートリアルは広瀬 明様に作成していただきました。広瀬様のHPはこちらから!チュートリアルはMODO12.1v2で作成されました。
この記事ではコーヒーを作りMODOのモデリングの基礎を勉強していきます。

コーヒーのモデリング

前回作成したカップのファイルを開きます。
分かりやすくするためにメッシュに名前をつけます。右クリックで名称を変更します。

MODOカップ

コーヒーの水面を作るために、エッジタブからループ追加をします。Spaceキーで確定してください。

MODOエッジ

内側の2枚のポリゴンを選択し、選択メニューからクローズループさせます。

MODOクローズループ
MODOクローズループ

Ctrl+Cでコピーし、形状メニューから新規メッシュアイテムを選択します。

MODOメッシュアイテム

新しく作成したメッシュアイテムにCtrl+Vでペーストします。

MODOメッシュアイテム

ポリゴンが内側を向いているので、形状メニューからポリゴン→反転します。

MODO反転

MODO反転

エッジ編集でエッジをダブルクリックしループさせます。pキーを使い水面を作ります。

MODOループ

MODOループ

ポリゴン編集でポリゴンタブからベベルツールを選択します。赤のハンドルで内側にインセット→青のハンドルで凹まし表面張力を表現します。

MODOベベル

MODOベベル

shiftキー+ビューをクリックで一度確定します。赤のハンドルで内側にインセットし、Spaceキーで確定します。

MODOベベル

tabキーを押して形を確認します。

MODOサブディビジョン

tabキーを解除し、エッジ編集で外側のエッジをダブルクリックでループに選択します。

MODOループ

エッジタブからベベルを選択します。エッジシェイプを矩形で青のハンドルで少しだけ動かしSpaceキーで確定します。

MODOループ

tabキーを押します。
カップとコーヒーのメッシュを選択表示し水面に空間が無いか確認します。

MODOメッシュ

MODOメッシュ

tabキーを解除し、上のメニューから形状→新規メッシュアイテムを追加します。

MODOメッシュ

球を選択し、ctrlキーを押しながらドラッグします。球モード四角形ボール、分割レベルを1にします。Spaceキーで確定してください。

MODO球

メッシュアイテムをshiftキーを押して複数選択します。

MODOメッシュアイテム

ポリゴン編集で泡のポリゴンをダブルクリックします。トランスフォームのWキーを使い、泡を縁に移動させます。

MODOトランスフォーム

MODOトランスフォーム

このままだと泡がコップからはみ出ているので、Rキーを押し中央の丸のハンドルで泡の大きさを変えます。

MODOトランスフォーム

MODOトランスフォーム

Wキーにし、Control+shiftを押しながら赤のハンドルを動かすと複製することができます。

MODO複製

MODO複製

泡がコップからはみ出ていないか確認しながら、形を整えていきます。

MODO複製

泡をダブルクリックしながら複数選択で、泡を選択します。

MODO複製

Eキーを押してトランスフォームツールを使います。アクションセンターを原点にしてください。

MODOアクションセンター

Control+shiftキーを押しながら緑のハンドルをドラッグすると複製することができます。Spaceキーを押して確定してください。

MODO複製

泡のメッシュを選択し、泡を全て選択→ctrl+Xでカットし

MODOメッシュ

コーヒーのメッシュにペーストします。

MODOメッシュ

カップのメッシュを選択し、hキーを押して非表示にします。

MODOメッシュ

コーヒーのメッシュでUVマップ編集をします。

MODOメッシュ

右下のパネルでUVマップを右クリックして名称変更を選択し名前を変更したら、再度右クリックして消去を選択します。

MODOメッシュ

パースを上面にし、水面の縁の2枚のポリゴンを選択し、選択メニューからクローズループします。

MODOクローズループ

MODOクローズループ

ビューから投影を選択し、右側の上面ビューをクリックします。

MODO投影

投影されたUVを選択し、Rキーを使い大きさを調整します。Spaceキーで確定します。

MODO投影

ビューを上面からパースに戻し、上のメニューから選択→反転を選びます。

MODO投影

MODO投影

反転させたら、投影します。

MODO投影

左側のUVビューで水面をダブルクリックで選択し、選択→反転させます。

MODO投影

MODO投影

整列とパックからパックを選択し、ストレッチと整列のチェックをオフにします。

MODO投影

MODO投影

モデルレイアウトに戻り、alt+shift+aで全選択しctrl+Xでカットします。

MODO全選択

カップのメッシュでuキーでカップを再表示、ctrl+vでコーヒーの水面をペーストします。

MODO再表示

これでコーヒーができました。

MODOコーヒー

最後に

今回作成したコーヒーのモデルデータのダウンロードはこちら
※データは、個人での学習目的以外、商用利用、貸与、譲渡することを禁じます。
またデータを利用したことによる二次的な損害について一切の責任を負いません。

ダウンロードした Modeling_Coffee.lxo を開こうとすると 読み込みエラーダイアログボックスが表示されます。 未知のアイテムタイプ “vray.geometryProperties”. このタイプをスキップして読み込みを続行しますか? 「はい」ボタンを押下して、開くことは可能です。

MODO 12 恒久ライセンス(1年間メンテナンス付き) + V-Ray 3 Workstation for MODO 購入はオンラインショップ