MODO フォークのモデリング

MODO
初めまして!株式会社オークのキャラクターオークちゃんです。
当サイトの記事を読んでMODOを使えるようになったらと思っています。

始める前に

今回のチュートリアルは広瀬 明様に作成していただきました。広瀬様のHPはこちらから!チュートリアルはMODO12.1v2で作成されました。
この記事ではフォークを作りMODOのモデリングの基礎を勉強していきます。

フォークのモデリング

上メニューからパースを上面にし、立方体を選択しビューをドラッグします。
このとき位置はXYZそれぞれ中心に来るように0,セグメントをXを3 Yを1 Zを7にします。Spaceキーで確定します。

MODO立方体

エッジ選択モードにし、shiftキーで以下の画像の所を選択していきます。

MODOエッジ選択

エッジタブから拡張を選択し、赤のハンドルでフォークの先を作っていきます。Spaceキーで確定します。

MODOエッジ

MODOエッジ

上のメニューからアクションセンター→ローカルを選択します。ショートカットのRキーで スケールツールを使います。

MODOローカル

緑色のハンドルでフォークの先端を細くしていきます。Spaceキーで確定後、先程選択したローカルを(なし)に戻しておいてください。

MODOローカル

フォークの先端にエッジを追加していきます。メッシュ編集のタブからスライスを選択します。
上のメニューからスナッピングを選択し、根本部分にエッジを追加していきます。

MODOスナッピング

shiftキーを押しながらドラッグすると2本目が追加できます。真ん中と先端にエッジを追加しSpaceキーで確定します。

MODOエッジ

右ドラッグで投げ縄ツールを使い、右側のエッジを選択します。

MODO投げ縄ツール

MODO投げ縄ツール

Rキーでトランスフォームツールを起動し青いハンドルで縮小させSpaceキーで確定させます。

MODOトランスフォーム

エッジタブから拡張を選択し、赤いハンドルをドラッグしてエッジを拡張してフォークの柄の部分を作ります。Spaceキーで確定させてください。

MODOエッジ

メッシュ編集タブからスライスを選択し、エッジを4本追加していきます。Spaceキーで確定してください。

MODOエッジ

MODOエッジ

MODOエッジ

MODOエッジ

ポリゴン選択モードで柄の半分を投げ縄選択し

MODO投げ縄ツール

Rキーでトランスフォームツールを起動し青いハンドルで拡大し、Spaceキーで確定させます。

MODOトランスフォーム

フォークの先端もトランスフォームツールを使い調整していきます。

MODOトランスフォーム

tabキーを押してサブディビジョンサーフェスをONにし確認します。

MODOサブディビジョンサーフェス

ビューをパースに戻してフォークの形に整えていきます。移動したいエレメントを選択したらWキー(移動ツール)で移動します。

MODOエレメント

MODOエレメント

MODOエレメント

tabキーを時々押しフォークの形を確認しましょう。

MODOサブディビジョン

基本タブから厚みツールを選択し、フォークに厚みを付けSpaceキーで確定します。

MODO厚み

tabキーで確認すると、フォークが丸みを帯びています。

MODO厚み

ポリゴン編集でフォークの両側面を選択し、メッシュ編集→ループスライスを選択します。

MODOループスライス

モードを対称・カウントを2にして対称のエッジを追加します。Spaceキーで確定してください。

MODOループスライス

tabキーでフォークの形を確認してください。

MODOループスライス

基本タブからスナップと精密→絶対スケールでフォーク全体の長さを設定します。
均一を70mmで均一スケールをクリックします。
ウィンドウを閉じセンタリングを全てにします。

MODOセンタリング

UV編集に切り替えます。

MODOUV編集

右下のパネルでUVマップを右クリックして名称変更を選択し名前を変更したら、再度右クリックして消去を選択します。

MODOUV編集

投影で投影タイプとアトラスにします。すると自動でUVマップが作成されます。

MODOUV編集

これでフォークが出来ました。

MODOスプーン

最後に

今回作成したフォークのモデルデータのダウンロードはこちら
※データは、個人での学習目的以外、商用利用、貸与、譲渡することを禁じます。
またデータを利用したことによる二次的な損害について一切の責任を負いません。

ダウンロードした Modeling_Fork.lxo を開こうとすると 読み込みエラーダイアログボックスが表示されます。 未知のアイテムタイプ “vray.geometryProperties”. このタイプをスキップして読み込みを続行しますか? 「はい」ボタンを押下して、開くことは可能です。

MODO 12 恒久ライセンス(1年間メンテナンス付き) + V-Ray 3 Workstation for MODO 購入はオンラインショップ