MODO カップのモデリング

MODO
初めまして!株式会社オークのキャラクターオークちゃんです。
当サイトの記事を読んでMODOを使えるようになったらと思っています。

始める前に

今回のチュートリアルは広瀬 明様に作成していただきました。広瀬様のHPはこちらから!チュートリアルはMODO12.1v2で作成されました。
この記事ではカップを作りMODOのモデリングの基礎を勉強していきます。

カップのモデリング

円柱ツールを選択し、Controlキーを押しながらビューをドラッグします。
位置はXYZそれぞれ0mm、半径をX 40mm, Y 35mm, Z 40mm、サイドは24、セグメントは1、軸はYにします。Spaceキーで確定します。

MODO立方体

ポリゴン編集で底面を選択します。

MODOポリゴン

ポリゴンタブからベベルツールで赤のハンドルで内側にインセットします。
shiftキーを押しながらビューをクリックすると一度インセットが確定されます。

MODOポリゴン

MODOポリゴン

ベベルツールがアクティブのまま、青いハンドルで押し出します。シフトは10mmにしてください。

MODOベベル

そのまま赤のハンドルでインセットし、くぼんだ形にします。shiftキーを押しながらビューをクリックし一度確定してください。

MODOベベル

赤のハンドルでインセットし、shiftキーを押しながらビューをクリックします。

MODOベベル

もう一度赤のハンドルでインセットし、Shiftキーを押しながらビューをクリックしてべベルを確定させます。再度ベベルツールのハンドルをドラッグして底を押し上げます。
シフトは-5mmにしておきます。
Spaceキーで確定してください。

MODOハンドル

エッジタブからループ追加を選択します。飲み口にエッジを追加します。

MODOエッジ

shiftキーを押しながら再度エッジをクリック/ドラッグして2本目のエッジを追加します。Spaceキーで確定します。

MODOエッジ

飲み口の2枚のポリゴンをshiftキーを押しながら選択します。l(エル)キーを押してループさせます。

MODOポリゴン

MODOポリゴン

ショートカットのRキーでトランスフォームの拡大縮小を使います。
緑の丸いハンドルで水平方向に均等に拡大します。Spaceキーで確定します。

MODOトランスフォーム

上面を選択し、Deleteキーで削除します。

MODOトランスフォーム

MODOトランスフォーム

基本タブから厚みを選択します。青いハンドルで厚みを付けSpaceキーで確定します。

MODO厚み

MODO厚み

底面を選択し、shiftキー+矢印(↑)で3回で選択範囲が広がります。

MODO厚み

Deleteキーで削除します。

MODO削除

エッジを選択し、ダブルクリックでループさせます。

MODOループ

Pキーで新しい面を作成します。

MODO新しい面

カップの内部を編集しやすいようワイヤーフレーム表示にし、トランスフォームのwキーで底面の位置を調整します。Spaceキーで確定します。

MODOワイヤーフレーム

ワイヤーフレームからデフォルトに戻り、tabキーで確認します。

MODOデフォルト

tabキーを解除し、エッジ編集ツールで以下画像のように選択しshiftキーを押しながらダブルクリックします。

MODOエッジ

エッジダブからベベルを選択します。丸めレベルを1、エッジシェイプを丸めにします。
終わったらSpaceキーで確定します。

MODOベベル

tabキーで確認します。

MODOベベル

基本タブからスナップと精密→絶対スケールで明示的でxを85mm、Yを70mm、Zを85mmで明示的スケールを選択します。

MODO明示的スケール

基本タブのセンタリングで全てで、マグカップを中心に配置します。

MODOセンタリング

ビューを正面にし、上のメニューから形状→新規メッシュアイテムを選択します

MODOメッシュアイテム

ペンツールを使い、大まかな取っ手の形を作っていきます。

MODOペンツール

トランスフォームのWキーを使い、移動で調整しSpaceキーで確定します。

MODOトランスフォーム

ビューをパースに戻し、ポリゴン編集で取っ手を選択します。
基本タブから押し出しで、厚みを付けます。Spaceキーで確定してください。

MODOトランスフォーム

ポリゴンタブからベベルツールを選択し、赤のハンドルで内側に面を作成します。Spaceキーで確定してください。

MODOトランスフォーム

基本タブからブリッジを選択し、面をクリックします。くり抜かれたような形になります。

MODOブリッジ

カップに重なっているポリゴンをshiftキーで複数選択し、Deleteキーで削除します。

MODOポリゴン

MODOポリゴン

エッジを複数選択し、スケールツールのRキーで赤のハンドルを使い垂直にします。

MODOポリゴン

ポリゴン編集で取っ手をタブルクリックし、全て選択しセンタリングでZにします。

MODOセンタリング

取っ手の流れに沿って、外側のポリゴンを2枚選択し、メッシュ編集タブからループスライスでモードを自由、カウントを1にします。
Spaceキーで確定します。

MODOセンタリング

取っ手の内側も2枚ポリゴンを選択し、ループスライスを使い、中心にエッジを追加します。Spaceキーで確定してください。

MODOループスライス

MODOループスライス

ダブルクリックでエッジを選択し、4辺のエッジをshiftキーを押しながら選択します。

MODOループスライス

エッジタブからベベルを選択し、青のハンドルで丸みをつけます。Spaceキーで確定します。

MODOループスライス

エッジをダブルクリック複数選択をします。
ベベルツールの青のハンドルで丸みを付けSpaceキーで確定します。

MODOベベル

MODOダブルクリック

モデルの編集がしやすいようあらかじめカップのメッシュアイテムを選択し、Tabキーを押してサブディビジョンサーフェイスをOFFにしておきます。
取っ手のメッシュアイテムを選択し、トランスフォームのWキーを使い、取っ手をコップから一度離します。

MODOトランスフォーム

取っ手のエッジを複数選択します。

MODOエッジ

エッジタブから拡張ツールを選択し、ビューをクリックしSpaceキーで確定します。

MODOエッジ

トランスフォームのRキーを使い、アクションセンターをローカルにし赤と緑のハンドルで拡大します。
Spaceキーで確定します。

MODOトランスフォーム

Wキーを使い、メッシュコンストレイントを背景に切り替えます。形状コンストレイントをベクトルにします。
移動させマグカップにくっつけます。Spaceキーで確定します。

MODOトランスフォーム

メッシュコンストレイントをオフにします。マグカップのメッシュを選択します。
エッジタブからループ追加で、取っ手と隣接する部分に4本のエッジを追加します。

MODOエッジ

上下に少し離れた位置にもエッジを追加します。

MODOエッジ

取っ手の下部分との接合箇所も同じようにエッジを追加します。Spaceキーで確定してください。

MODOエッジ

取っ手の重なっている所を複数選択し、Deleteしてください。

MODO削除

取っ手を選択し、ダブルクリックで全選択しControl+xでカットします。マグカップのメッシュでctrl+vでペーストします。

MODOペースト

2ヶ所のエッジを選択し、基本タブからブリッジでビューをクリックします。Spaceキーで確定します。

MODOブリッジ

下も同じようにブリッジを使います。Spaceキーで確定します。

MODOブリッジ

ワイヤーフレームで投げ縄ツールで選択し、Wキーを使い位置を調整します。

MODOワイヤーフレーム

MODO投げ縄

レイアウトを「UV編集」に変更し、右下のパネルでUVマップを右クリックして名称変更を選択し名前を変更したら、再度右クリックして消去を選択します。

MODO投影

投影で、投影タイプをアトラスにします。

MODO投影

これでカップができました。

MODOカップ

最後に

今回作成したカップのモデルデータのダウンロードはこちら
※データは、個人での学習目的以外、商用利用、貸与、譲渡することを禁じます。
またデータを利用したことによる二次的な損害について一切の責任を負いません。

ダウンロードした Modeling_Cup.lxo を開こうとすると 読み込みエラーダイアログボックスが表示されます。 未知のアイテムタイプ “vray.geometryProperties”. このタイプをスキップして読み込みを続行しますか? 「はい」ボタンを押下して、開くことは可能です。

MODO 12 恒久ライセンス(1年間メンテナンス付き) + V-Ray 3 Workstation for MODO 購入はオンラインショップ