ZBrushでオークちゃんをつくってみよう!3.ブラシによるスカルプト

ZBrush

ブラシによるスカルプト

では、前回のZSphereで作成したモデルに対して、一度エクスポートを行い名前はDefault_Bodyでobjの保存を行います。

保存を行ったらライトボックスからプロジェクトDemoAnimeHeacを開きます。

アペンドで適当に3DMeshsの中から追加します。

追加したメッシュをサブツールで選択した状態で、

インポートから先程保存したDefault_Bodyを読み込みます。

読み込んだら、頭を移動して大きさを調整し、頭部に配置させます。

配置させたらサブツールの一番上を選択した状態で結合>から下と結合を選択します。

頭と身体が結合されたら、今度はジオメトリからダイナメッシュを2回クリックします。

頭と身体が接合されたのが確認できますね。

ではドローモードにした状態でStandardブラシを選択します。

Shiftを押しながら首元にスムージングをかけて滑らかにしていきす。

ではまず胴回りの作成に入ります。スカルプトの邪魔にならないよう腕にマスクをかけていきます。ブラシからMaskLassoを選択します。

Ctrlキーを押したまま、マスクをかけたい箇所を囲みます。

こちらなにもない空間を再度Ctrlキー+クリックを押すことで、マスクを反転させることができます。なにもない空間でCtrlキー+ドラッグ&ドロップするとマスク効果が解除されます。

マスクがかかったら今度はMoveブラシを使用して胴回りのフォルムを整えていきます。

 

 

くの字を意識することによって女性らしいフォルムになります。



続いて胸部をつくっていきます。ブラシからInflatを選択します。

お尻もInflatでつくり、StandardブラシやMoveブラシで形を整えます。

今度はそのまま上記と同じ要領で太もも、脚の肉付けをしていきます。

 

 

ブラシの大きさを小さくしてStandardブラシで爪をスカルプトしていきます。

 

同じ要領でマスクを解除して腕にも肉付けを行っていきます。

 

 

先程、足の爪にスカルプトしたように指先にも爪を施します。

 

 

これで全体的な素体部分が完成してきました。できた素体に対して、ジオメトリからzリメッシャーをかけてトポロジーの流れを整えて行きます。

 

 

こちら、下の目標ポリゴン数をスライドさせることによって、zリメッシャーを使用する際の、ポリゴン数の調整を行うことができます。

 

トポロジーが綺麗になりましたね。

これで素体が完成しました。

次回はこの素体に対してポージングをつけていきます。

 

この記事を書いた人
福田

ZBrushをはじめてまだ数ヶ月の未熟者ですが初心者なりに精一杯お客様をサポートできるようにがんばります!!好きなものは寿司です!!

福田をフォローする
ZBrush
初心者講座