ZBrush 基本操作

第3回:基本的なブラシ

初めまして!株式会社オークのキャラクターオークちゃんです。

当サイトの記事を読んでZBrushを使えるようになったらと思っています。

第3回は基本的なブラシに挑戦します!

始める前に

当記事ではZBrush4R8 P2を利用しています。

ZBrushのアップグレードなどの情報は株式会社オークの製品NEWSをご確認下さい。

ZBrushインストールからアクティベーションの手順は株式会社オークサポートページ(要ログイン)を参照下さい。

ライトボックスを開いたら

前回はZPRとZTLの違いをやりましたね!今回はブラシに挑戦してみましょう。
まずは前回使ったdemohead.zprを開きますよ。ライトボックスを開く→ファイルを開くで前回保存した場所からdemohead.zprを開いて下さいね。
前回使ったデモヘッドが出てきましたね!
早速ブラシを使ってみましょう!レフトシェルフからブラシ選択のアイコンを選んでね!
ブラシが沢山出てきた!沢山のブラシをいきなり使いこなすのは難しいので代表的な3つのブラシを覚えちゃいましょう。
ブラシを探す時はブラシの名前の頭文字を打つと絞ることが出来ますよ。standard(スタンダード)ブラシなら"S"と押すと絞る事ができます!
まずはstandard(スタンダード)ブラシ。標準の凹凸を付けるブラシです。スタンダードブラシを使う時のショートカットはB→S→Tと順番に押してみて下さい。デモヘッドの頭に使ってみるとこんな感じ!
盛り上げるのではなく掘り下げる時はAltキーを押しながら描くと反転しますよ。
ブラシのサイズを変えたい時はトップシェルフからブラシサイズを変更してみてね。
ブラシの強度を変えるにはZ強度で変えましょう!

Move(ムーブ)ブラシ

次はMoveブラシ!ひっぱったり変形させるブラシです。Moveブラシを使うときのショートカットはB→M→Vと順番に押してみて下さい。デモヘッドの頭を引っ張ってみたよ。

smooth(スムース)ブラシ

最後はsmooth(スムース)ブラシです。シフトキーを押しながらなぞると表面がなめらかになります。
シフトキーを押していない時は、スムースブラシが有効にならないので気をつけてね!デモヘッドの顔がなめらかになったよ!
ブラシが青い間はスムースブラシが使えていますよ。
これで3つのブラシを使えるようになりました!

次回は・・・

次回、第4回はUndo History(アンドゥ・ヒストリー)操作履歴をいじってみますよ!お楽しみに。