V-Rayマテリアル1

MODO
初めまして!株式会社オークのキャラクターオークちゃんです。
当サイトの記事を読んでV-Ray for MODOを使えるようになったらと思っています。

始める前に

今回のチュートリアルは2018/12/21に作成された記事です。V-Ray for Modoのアップグレードなどの情報はV-Ray.jpをご確認ください。
V-Ray for MODOの動作はMODO本体の動作環境に準じます。詳細はこちらのページでご確認ください。

マテリアル

IBL(イメージ・ベースド・ライティング)での光源からの色の影響を受けた状態で質感を確認するのは適していません。

IBL

Environmentアイテムの中にレイヤー追加→処理→Processで追加します。彩度の値を-100%にします。
※彩度とは、色の鮮やかさの度合いです。*彩度が高い→ビビッドで鮮やかな色味*彩度が低い→落ち着いた色味、無彩色になります。

VRay 彩度 VRay 彩度 VRay 彩度

彩度を-100%にすることで光源からの影響を受けないようにします。

VRay 光源

またProcessの表示・非表示は目のアイコンで切り替えることが出来ます。

VRay Process

Environmentから環境→カメラに可視でチェックを外しす事で背景が映らないようにします。

VRay Process

ポリゴン編集を選択し、マグカップのポリゴンをダブルクリックで選択します。ダブルクリックで選択すると繋がっているポリゴン全体が選択されます。
このときアイテムリストでカップが選択されているか確認しましょう。

VRay アイテム

テクスチャー→マテリアルグループの設定(ショートカットM)を作成します。

VRay マテリアルグループ VRay マテリアルグループ

ShaderTreeのリストにマテリアルグループとその中にMODO標準マテリアルのセットが作成されました。

VRay マテリアル

ディヒューズの色を変更しましょう。Materialが設定出来ているか確認します。

VRay ディヒューズ

ショートカットのhでカップを非表示にします。
コーヒーだけ表示されているかと思います。ショートカットキーmでコーヒーのマテリアルマップを作成します。

VRay ディヒューズ

ショートカットのuでカップを再表示します。

VRay ディヒューズ

他ロールケーキ、お皿、フォーク、テーブルも同様に設定していきます。

VRay マテリアル

MODOの標準のマテリアルをControlキーを使い複数選択します。

VRay マテリアル

マテリアル(反射)タブからchangeMaterialtypeでv-RayMaterialに変更します。

VRay マテリアル VRay マテリアル

V-Ray materialには非常に多くの項目あります。このチュートリアルでは最低限の項目に限定して紹介します。
MODO 12 恒久ライセンス(1年間メンテナンス付き) + V-Ray 3 Workstation for MODO 購入はオンラインショップ