ブログ

FormWare 3D 1.0.4.0アップデート

FormWare 3D 1.0.4.0アップデート

Formware 3D のアップデート 1.0.4.0 がリリースされました。CTB ver4 SDKを統合。より大きな解像度のマシンに必要な、暗号化された.ctbファイルの出力に対応

既存の製品版ユーザー様は同じアドレスよりダウンロードする事で最新版を入手できます。評価版も最新版に更新しました(評価版の最新版ダウンロードURLは前回と異なります)

Formware 3Dは買い切りソフトウェアです。サブスクリプションの様に毎月の課金は不要です。

Release 1.0.40 (16-01-2022)

  • 更新:ローカライズを更新
  • 新機能:可変幅スライスに対応。ほぼ全ての出力形式で利用可能ですが、プリンター側で可変に対応していない場合、ファームウェアを更新する必要があるでしょう。
  • 新機能:$ZLiftDistanceBottomが移動変数として追加
  • 新機能:CTB ver4 SDKを統合。より大きな解像度のマシンに必要な、暗号化された.ctbファイルの出力に対応
  • 新機能:スライスのメモリクリーンアップ設定を追加。記録メディアへライン毎のストリーミング保存を許可しないピクセル出力形式でメモリ使用量を減らすために、スライス中にメモリを頻繁にクリーンアップします。 これによりより大きな.CTB形式を出力できます。
  • 改良:最下層と通常レイヤーの速度/露出変数を追加。すべてがgcode解析の変数として追加されました。
  • 改良:スライスカーブの結合が改善され、多くのマイナスXYオフセットを使用した際のアーティファクトを削除
  • 不具合の修正: XYオフセットにより、オフセットによって1つを超えるカーブが生成された場合、一部の穴が反転する問題
  • 不具合の修正: 稀に画像表示により例外が発生する問題
  • 不具合の修正:ドキュメントを修正 [英語]

FormWare 3D の製品案内はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る