Pdplayer

PDPlayer 1.0.7.13 アップデート [シーケンスプレイヤー]

pdp10713 ChaosGroupは PDPlayer 1.0.7.13 アップデートをリリースしました。 ユーザー様は今直ぐChaosGroupアカウントよりダウンロードいただけます。 主な変更点は ・OpenEXRの.MX .MY .MZ(motion vector)レイヤーをサポート ・DNGフォーマットの読み込みパフォーマンスとダイナミックレンジを改善 ・QuickTime(mov)内タイムコードの読み書きをサポート 前リリースからの変更点: 1.0.7.13: OpenEXRの.MX .MY .MZ(motion vector)レイヤーをサポート 1.0.7.12: Add //-style comment support in pdpcmd files Fix "invalid option" errors on --attach, --attach_nf Automatically enable console output under Windows 1.0.7.11: 複数選択で"Duplicate"メニューを実行できます。 1.0.7.10: Add --stdout=, --stderr=, --print= options Print diagnostic messages to stderr Add support for %{scope:field}, --scope:field=value Add --print_field=field, --print_fields=scope (scope can be global, env, var, selected, or a layer set) Add support for id(5) in a layer set 1.0.7.9: セカンダリタイムコードをサポート DNG内タイムコードの読み込みをサポート QuickTime(mov)内タイムコードの読み書きをサポート マスク保存時にタイムコードの出力をサポート 1.0.7.8: DNGフォーマットの読み込みパフォーマンスとダイナミックレンジを改善 WAVE_FORMAT_EXTENSIBLE PCM .wav ファイルをサポート 1.0.7.7: LUT読み込みの初期ディテクトリをセットする事ができます。 Add Undo Reset, ctrl+double-click to edit fields --temperature=K コマンドを追加 temperatureが出力、コピー&ペーストできない問題を修正 DNGイメージの浮動小数点型(32bit)読み込みサポート DNGフォーマットの読み込みパフォーマンスを改善 非ASCII文字の DNGファイル名をサポート 1.0.7.6: --export_composition_as=filename コマンドを追加 PDPLayerの製品案内はこちらへ