ブログ

FormWare 3D 1.0.3.8アップデート

FormWare 3D 1.0.3.8アップデート

Formware 3D のアップデート 1.0.3.8 がリリースされました。サポートをミラーリングする機能、新しいサポートタイプ:単一カラムサポート、小さな内部サポート等が追加されています。

既存の製品版ユーザー様は同じアドレスよりダウンロードする事で最新版を入手できます。評価版も最新版に更新しました(評価版の最新版ダウンロードURLは前回と異なります)

Release 1.0.3.8 (12-11-2021)

  • 実験的機能: 3D アンチエイリアス機能
  • SLCエクスポートに、サポート/パーツをスライスエンジン上で個別のファイルに分割するか、「名前を付けて保存」するオプションを追加
  • 3DディスプレイパイプラインをOpenGLコアプロファイルに書き直しました。仮想マシン(linux / mac)でより適切に機能します。
  • SLC/SVG 出力するカーブの表示を改善
  • アイランドが最小になる様に回転する自動回転オプションを追加
  • 平面に向きを揃えるコマンド追加
  • サポートをミラーリングする機能を追加
  • 複数の同じ形状のシェルにサポートをすばやくコピーするた為の、シェル検出コマンドを追加
  • 数値入力の小数点以下の桁数を設定するオプションを追加
  • 2つの新しいサポートタイプを追加:単一カラム、小さな内部支柱
  • リクエストに答えて 印刷チェック(アイランド/カップ/交差)を実行するコマンドを追加しました
  • ツールバーマネージャにショートカットマネージャを追加
  • シングルサポートに角度設定を追加
  • 自動サポーターに設置する内部サポートの設置Feet数を追加
  • ツリーサポートに、最初の枝長(first beam length) = 0 にして、最初の枝(ビーム)を削除するオプションを追加
  • スライスジョブと一緒に追加ファイルとしてSTLをエクスポートするオプションを追加
  • インポート時にパーツ配置を無視するオプションを追加
  • カップ/アイランド表示をより見やすくできるオプションを追加
  • パーツとのサポートの自動交差計算をオフにするオプションを追加しました。新しい印刷チェックコマンドでオンデマンドで交差計算を実行できます。
  • 部品の抗力(Drag)を機械のバウンディングボックスに制限するオプションを追加
  • マウスダウン時にXY平面内のパーツをドラッグできるオプションを追加
  • プリンターの印刷領域でスライスベクトル出力をクリッピング/無視するオプションを追加
  • パーツを効率的にコピーし、一度だけスライスするオプション “リンクコピー”を追加
  • 照明マスクセクションをクリーンアップ。スライスする前にPNGマスク(バイトデータ)をその場で生成するのではなく、使用する際にPNGライトマスクを必要とするより論理的な実装に変更
  • ビルドプラットフォームでの pixel/mmサイズのラベルの表示を改善
  • ファイルのインポート/エクスポートの進行状況を3Dビューで直接表示するように改善
  • アンチエイリアシングなしでスライスするときのピクセル出力の補間を改善しました。(補間が粗いため、ピクセル間の差が出てしまっていた)
  • 不具合の修正: (穴が開いているビルドプラットフォームを除いて)テーブル上で平らだったカップが含まれるようになりました。
  • 不具合の修正: 透明箇所の選択不具合
  • 不具合の修正: アイランド/カップ検出不具合
  • 不具合の修正: サイズ変更したパーツで穴径が正しく表示されない不具合
  • 不具合の修正: 古いプロジェクトファイルを開く機能が機能しない問題
  • 不具合の修正: win7でアイランド検出時にクラッシュする問題

FormWare 3D の製品案内はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る