ブログ

高品質3Dコンテンツプラットホーム Chaos Cosmos を提供開始

高品質3Dコンテンツプラットホーム Chaos Cosmos を提供開始

Chaos社は、新しい3DコンテンツシステムであるChaos Cosmos(ケイオス コスモズ)を発表しました。Chaos Cosmosを使用するとインテリアや環境照明を数回クリックするだけで配置する事ができます。ライブラリは、家具、樹木、車、人物など650を超える無料のモデルとHDRIで構成されています。建築プレゼンテーションやインテリアデザインで汎用的にご利用いただける内容となっています。

今すぐChaos Cosmosライブラリーのコンテンツを見る >>

Cosmosアセットは、オンラインまたは V-Ray 5 for 3ds Max、SketchUp、Rhino、Revitの新しいChaos Cosmosブラウザーアイコンを介して見つけることができます。またChaos Vantage(*)やV-RayVisionなどのChaosのリアルタイムツール用に最適化されたデータが含まれているため、アセットは使用しているツールに応じて最適なデータが選択され、ユーザーはリアルタイムとプロダクションレンダリングを意識せずに高品質コンテンツを使う事ができます。

(*)Chaos VantageへのChaos Cosmos統合は3月中旬を目指しています。

“私は、建築やデザイナーのフリーランサーとして幅広い仕事をこなしており、さまざまな種類のアセットが必要です” と simulacrum.de の Micha Fritzsche氏は言います。”Cosmosはツールのギャップを埋め、シーンのボリュームをすばやく埋めるのに役立ちました。モデルの品質とRhinoへの統合に非常に満足しています。”

“私はモデルの品質に拘りがあり、Chaosが定評のあるコンテンツクリエイターと協力しているのを見てうれしく思いました” と Vizioen の Ashley Van Iseghem氏はコメントしています。”利点は、複数のソースとタイプをすばやく検索できること、モデルが厳選されていること、V-Rayにシームレスなワークフローを提供されている事です”

“私が3Dビジュアリゼーションを始めたとき、高品質のアセットに費やす時間も予算もありませんでした、そして私は常に質の悪い無料のデータをオンラインで検索していました” と WhiteBirchStudiosのBobbyParker氏は言います。”この量と品質のアセットがV-Rayの料金に含まれている(つまり追加費用無し)事は驚異的です”

“Chaos Cosmosの最も便利な部分はシーン制作の初期段階で、何もないところからシーンを構築できる事です” と JD3Dの Justin Dowling氏は言います。”古いシーンやライブラリを探したりすることなく、最終品質のアセットを最初から導入する事ができます。新しいシーンを非常にすばやく作成でき、構図について考えるのに役立ちます。これまでの様にキューブやティーポットを使用して想像する必要はありません”

 

Chaos Cosmosアセットの最初のバッチは全て無料で、次の業界をリードするコンテンツクリエーターの助けを借りて作成されました。

  • Design Connected – インテリアデザイン用家具およびアクセサリーの大手プロバイダー
  • Hum3D – 車モデルのエキスパート
  • Maxtree – 植物、樹木、植生、葉で有名
  • NoEmotion – 高品質のHDR SkyとIBL用マップのクリエター
  • Renderpeople – スキャンされた3D人物の大きなライブラリーを持っています
  • VIZPARK – 高品質の樹木や植物を作成しています。

Chaos Cosmosの詳細ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る