V-Ray 2.0 for SketchUp SP2 アップデート提供開始

skpsp2

ChaosGroupは2014年9月26日付けでSketchUp用V-Rayの最新アップデート「V-Ray 2.0 for SketchUp SP2」を提供開始しました。
V-Ray 2.0 for SketchUpユーザー様は無償でアップデートいただけます。ダウンロードはChaosGroupアカウントよりお願い致します。

V-Ray 2.0 for SketchUp SP2 の新機能

  • V-RayRhinoで好評のV-Ray Express ツールを提供(要別インストール)。V-Ray用のコンポーネントとマテリアルをSketchUpにインストールします。
  • express

  • Outputパネルにアニメーションレンダリングの範囲を指定する”Frame start”ボックスを追加。例えば 5,100-110, 200, 352 のようにレンダリングフレームと範囲を指定する事ができます。
  • マテリアルエディタで Scene Materials の右クリックメニューからシーン全てのマテリアルを1パッケージで出力するコマンド(pack all materials)を追加しました。
  • Windowsスタート >> プログラム >> ChaosGroup >> V-Ray for SketchUp >> Tools >> “GPU device select”を追加。V-Ray RT GPUで使用するGPUデバイスを選択する事ができます。

改良された機能

  • Proxyパスの更新方法を改良。現在2つのオプションを提供します。”Update VRMesh Path”はコンポーネントを全く変えず、単にパスのみを変化させます。”Import new VRMesh”は新しく vrmeshを読み込み既存のインスタンスを全て更新します。
  • プリセットの出力サイズを 16:9 ベースに変更
  • deleteキーを使ってマテリアルエディタからマテリアルを削除する事ができます。
  • TIFFファイルを出力する場合、デフォルトで 16-bit 深度で保存するようになりました。
  • RTビューの更新がリアルタイムとなり、より高速なフィードバックを得る事ができます。
  • 次の新しい VFB channels を追加:
    – DR Buckets
    – VRayMtl Reflection Glossiness
    – VRayMtl Reflection Highlight Glossiness
    – VRayMtl Refraction Glossiness
  • 旧バージョンでマテリアルの Mapsロールアウトにあった GI overrideは利用できない為UIから取り除かれました。
  • マテリアルエディタにマテリアル全体を常にプレビューレンダリングするオプションを追加。レイヤー編集中にマテリアル全体のレンダリングをチェックできます。

その他不具合の修正多数

V-Ray 2.0 for SketchUpの商品詳細はこちらへ

V-Ray 2.0 SP1 for SketchUp アップデート提供開始

ChaosGroupは2014年3月19日付けでSketchUp用V-Rayの最新アップデート「V-Ray 2.0 SP1 for SketchUp」を提供開始しました。
V-Ray 2.0 for SketchUpユーザー様は無償でアップデートいただけます。ダウンロードはChaosGroupアカウントよりお願い致します。

V-Ray 2.0 SP1 for SketchUpの主な変更点:

新機能

  • SketchUp 2014をサポート
  • バッチレンダリングツールを提供。SketchUpのシーンタブ(マルチカメラアングル)を1クリックでレンダリングする事ができます
  • メッシュ出力を最適化する為に、VRayプロクシー生成時に .VRMesh と一緒に SketchUpファイルも保存するようになりました
  • RTレンダリング中にRTボタンをクリックするとシーンをリフレッシュするようになりました
  • 同梱のChaosGroupライセンスサーバーを3.0に更新

改良された機能

  • 発光レイヤー(emissive layer)に透過度の強さ(“multiply by opacity”)パラメーターを追加
  • Standardマテリアル デフォルトの最大深度値を最適化
  • Standardマテリアルに新しく”VRayBRDF”レイヤーを追加できるようになりました。VRayMtlをそのままレイヤーにした物で、このレイヤーだけで Diffuse/Reflection/Refraction を管理できます
  • TexStucco, SunLight, VRay BRDF, TexMix, TexCellular, TexTiles, TexCloth 等のV-RayShaderデフォルト設定を最適化
  • V-RaySketchUpで利用できないVFBチャンネルを非表示にしました
  • レンダリング設定 >> System ロールアウトに Default Geometry パラメーターが追加され、初期設定では”Auto”にセットされます。これは グループやインスタンスを自動的にダイナミックオブジェクトとして扱う事を意味し、メモリの消費を抑えます。いわゆる自動Proxy化と言った機能で、32bit版しかないSketchUpでは大きな威力を発揮するでしょう
  • デバグメニューにテクスチャーキャッシュを全て削除する機能を追加
  • ユーザーが任意でカラーをセットしていない場合、MaterialIDが自動的に割り当てられるようになりました
  • SketchUpからUV情報が得られない場合、V-Rayは非常にシンプルなデフォルトUVを加えるようになりました
  • Diffuseレイヤーの”GI Transparency Cutoff”デフォルト値を 0.3 から 0.5 に変更
  • オーバーライドを許可(“Can be overridden”)オプションをMtlToon, Mtl2Sided, MtlSkp2Sided, MtlAngleBlend に追加
  • プロクシー出力時に “Automatically create proxies”を選択しなくても .skp バージョンが出力されるようになりました
  • RTレンダリングを停止するタイミングを「時間」「ノイズしきい値」「最大サンプリングレベル」で指定できるようになりました
  • レンダリング設定にある”Default Displacement”で上書きセットする事が可能になりました
  • VRay Materialおよび VRayBRDFレイヤーでフレネル反射のオプションをデフォルトで有効としました
  • Mac OSX版ではDR用サーバーをクリックで起動するプログラム”XMLDRSpawner.app”を追加。ターミナルからコマンドを打ち込んで起動する必要が無くなりました
  • マテリアルエディタのプレビューに、サブレイヤーやテクスチャー編集時にもフルのマテリアルでレンダリングするオプションを追加

V-Ray 2.0 SP1 for SketchUpの商品詳細はこちらへ

V-Ray 2.0 for SketchUp正式リリース開始

9月13日より待望のV-Ray 2.0 for SketchUpがリリースされました。

今回のバージョンアップでは非常に強力な新機能を多く搭載しております。
また現状のシリアルタイプのソフトウェアライセンスから、他のV-Rayと同じドングル式のハードウェアライセンスに変更されました。

主な新機能

  • V-Ray RT [CPU/GUP] – 高速かつインラタラクティブにレンダリング結果のフィードバックが得られるV-Ray RTをサポートしました。
  • Dome Light (ドームライト) – HDR画像を使用した高品質なイメージベースドライティングを手軽に使用することが可能になりました。
  • コンポーネントとしてのライト – V-RayをSketchUpのコンポーネント内に内包して登録することが可能になりました。これにより多くのライトを同時に制御することが可能です。
  • V-Ray Proxy – オブジェクトをVrmeshに変換しV-Ray Proxyとして読み込むことで動的にメモリーに読み込みシステムメモリ量を超える量のオブジェクトをレンダリングする事ができます。(事実上無制限量のオブジェクトをレンダリング可能。)
  • V-RayMtl – Diffuse, Reflecton, refraction, Translucencyがコンパクトに纏まったマテリアルです。3dsMaxやMaya用のV-RayMtlと共通の設定でマテリアルを定義する事ができます。
  • その他多くの新機能が搭載されています。

V-Ray 2.0 for SketchUpの新機能については製品ページ中で詳しく紹介しております。
製品詳細についてはこちらからご確認ください。(http://v-ray.jp/sketchup_info.shtml)

V-Ray 2.0 for SketchUpは既存ユーザー様に有償のアップグレードとなります。
2013年4月15日以降にV-Ray for SketchUpを購入されたユーザー様は無償で2.0へアップデートいただけますが、ライセンス方式の変更により別途ChaosGroupドングルを購入いただく必要があります。

ご検討の方はこちら参照の上、メールにて御見積ご依頼ください。

V-Ray 2.0 for SketchUp リリース候補版第3弾公開

V-Ray for SketchUpのオープンベーターテスター向けに、オープンベーター時にリクエスト・報告された機能追加とバグフィクス等の修正がされた3回目のリリース候補版が公開されました。

第三弾目のリリース候補版の新たなバージョンは既にダウンロードすることが可能です。
V-Ray 2.0 for SketchUpの公式なリリースまで、残り2・3週間程度となりましたが、今回のリリースをChaosGroupはバージョンナンバーを”2.0″と更新しました。

以下はオープンベータテスターからの貴重なフィードバックからの改善・バグ修正項目のリストとなります。

(*)V-Ray RTレンダリングの際にシーンを編集した場合、ジオメトリが不可視になってしまう問題の改善
(*)V-Ray RTによるレンダリングでパースペクティブモードから、平行投射モードに切り替えても描画が平行投射モードに切り替わらない問題が修正されました。
(*)MacOSXにおいてV-Ray GPU RTのOpenCLモードがクラッシュした場合、自動でCPUモードに切り替わります。
(*)V-Ray CPU RTFでのVRayBRDFのFogとTranslucencyを有効にした場合にクラッシュする問題を解決しました。
(*)V-Ray RTの安定性を改善。
(*)V-Ray GPU RTでSkp2Sided マテリアルをサポート。
(*)V-Ray GPU RTで透明度とフロートテクスチャレンダリングををサポートしました。
(*)StandardマテリアルのDisplacementは、オプションパネルにある[Default Displacement]のoverrideチェックを有効にした場合グローバルパラメータが参照されます。
(*)Standard/Skp2Sided/Toon/Angle blendマテリアルは無効なカラーが使用された場合自動的に修正します。
(*)MaxOSXにおいてVFBはSketchUpウィンドウ上にとどまります。
(*)LayeredBRDFはビューポートではVRayBRDFレイヤーの情報が使われます。
(*)V-Ray diffuseカラーはSketchUpマテリアルカラーに上書きされないよう修正されました。
(*)UIのチャックボタンに関係なく、常にLight cacheの再トレースを無効にしました。
(*)ファイル(File) -> 開く(Open)によってファイル開くのではなく、ダブルクリックによって開いた場合にデフォルトオプションがシーンオプションの代わりに読み込まれる問題を修正しました。
(*)MacOSX上で発生していた“Ghost windows”の問題を解決しました。
(*)マテリアルの番号の最後が”0″であった場合に正常に読み込まれなかった問題が修正されました。
(*)V-Ray Physical cameraとビューポートのFOVが一致するようになりました。
(*)Physical cameraの被写界深度(DOF)を含めたレンダリングで正確な焦点距離で計算します。
(*)SketchUpマテリアルエディタ内でマテリアルのリネームのレスポンスが低下する問題を解決しました。
(*)参照などに使用するパスにUnicodeパスが使用できるようにサポートしました。例えば、ライトに読み込ませるIESファイルのパスなどです。
(*)レンダープリセットを設定するときに、オプションエディタ内に何も表示されなくなってしまう問題を解決しました。
(*)ディストリビュートレンダリングのノードが断続的にレンダリングを停止してしまう問題を解決しました。この修正は全体の問題となるため、一部だけれはなくノード全体を再インストールする必要があります。
(*)モデル間でコピー・アンド・ペーストをした際に、自動的に最後の行動を取り消してしまう問題を解決しました、。
(*)マテリアルをSketchUpマテリアルエディタ内で編集した後に自動的にリネームしてしまう問題が修正されました。
(*)RGB/Alphaチャンネルは常に最初の2チャンネルとしてVFBとそれ以外のcustom render channelsに含まれます。

ChaosGroupではSketchUpユーザーのV-Ray for SketchUPのベータテスタへの参加と、バグなどの報告を引き続き待っています!
もし報告がある場合、シーンファイルやスクリーンショットと合わせて、以下のアドレスへ報告ください。

ChaosGroup公式V-Ray for SketchUpベーター報告用アドレス:
vfswip@chaosgroup.com

また、ギャラリーやニュースレター、チュートリアルへ掲載する素晴らしい画像も募集しています!

ChaosGroup公式V-Ray for SketchUp掲載用アドレス:
pr@chaosgroup.com

※開発元は海外になりますので英語での送信をお願いします。また弊社サポートに報告頂ければ開発元へのレポートを行います。

V-Ray for SketchUpオープンベータの詳細はこちら

V-Ray 1.6 SketchUp リリース候補版第2弾公開

V-Ray 1.6 for SketchUpのオープンベーターテスター向けに、オープンベーター時にリクエスト・報告された機能追加とバグフィクス等の修正がされた2回目のリリース候補版が公開されました。

V-Ray 1.6 for SketChUp version1.60.23412


公式リリースはちょうど角を曲がったところにあります。ダウンロードページから第2のリリース候補版をダウンロードすることができます。
今回のリリースによって多くの問題を解決することが出来ました。またユーザーが望んでいる幾つかの非常に重要な特徴も追加しました。

新機能:
(*)V-Ray RT GPU サポート – V-Ray RTは既に高速なレンダリング速度を持つCPUエンジンに加え、お使いのパソコンに搭載されているGPUを利用して更に高速にV-Ray RTを使用することができます。またCUDAとOpenCLの2種類のGPUエンジンを選ぶことが出来ます。
(*)カメラプリセット – 予めカテゴライズされたカメラセットをプリセットとして追加することができます。これはシーンで使用する露出等のカメラセットアップを素早く切り替えることが出来ますので、晴天・曇・夕暮れ・室内に降り注ぐ自然光等の自身がよく使うシナリオに合わせたプリセットを作っておく事で再利用することができます。
(*)セットカメラフォーカス – V-Ray Camera に焦点を合わせたいポイントをシーンから選ぶことによって、容易に現在の被写界深度(DOF)にセットアップすることができます。

機能改善・変更点とバグ修正:
(*)V-Rayツールバーに以下の項目が追加されました。

  • RT画面のフリーズボタン
  • カメラの焦点位置の指定ツール
  • RTレンダリングビュー

(*)V-Ray用のツールバーが2つに分けられました。一方は主なツールが配置され、もう一方ではライト周りのみが用意されています。
(*)ディストリビュートレンダリングのAsset transfer settingsは”Global switches”タブに移動されました。
(*)シーンロードのプロセスが改善されました。
(*)VRImageとEXRファイルがレンダリング時に作成されるように修正されました。
(*)現在のドームライト(Dome light)の半径をセットすることが出来るようになりました。
(*)プロキシされたミラージオメトリーを正常にレンダリングするように修正。
(*)ビルボードコンポーネントで、” Face Me”オプションが有効なであればアニメーションをレンダリングします。
(*)特定のジオメトリにおいて、ファセットのような面が形成される問題を修正しました。
(*)RTレンダリング中にライトを削除した場合、レンダリングにも正常に更新結果が現れる用になりました。
(*)RTレンダリング中にV-Ray Planeが消えてしまう不具合が修正されました。
(*)V-Ray Material(新しいBRDFマテリアル)が現在のビューポート上で正確に描画されるようになりました。
(*)レンダリングの際にジオメトリが消えてしまう不具合を問題が解決されました。
(*)テクスチャエディタの現在の大きさを変更できるようになりました。
(*)マテリアルの安定性が上がりました。
(*)1つのSketchUpファイルからもう一方へのグループの構成要素をコピーした場合の問題が修正されました。

ChaosGroupではSketchUpユーザーのV-Ray for SketchUPのベータテスタへの参加と、バグなどの報告を待っています!
もし報告がある場合、シーンファイルやスクリーンショットと合わせて、以下のアドレスへ報告ください。

ChaosGroup公式V-Ray for SketchUpベーター報告用アドレス:
vfswip@chaosgroup.com

また、ギャラリーやニュースレター、チュートリアルへ掲載する素晴らしい画像も募集しています!

ChaosGroup公式V-Ray for SketchUp掲載用アドレス:
pr@chaosgroup.com

※開発元は海外になりますので英語での送信をお願いします。また弊社サポートに報告頂ければ開発元へのレポートを行います。

V-Ray for SketchUpオープンベータの詳細はこちら

V-Ray 1.6 SketchUp リリース候補版公開

V-Ray 1.6 for SketchUpのオープンベーターテスター向けに、オープンベーター時にリクエスト・報告された機能追加とバグフィクス等の修正がされたリリース候補版が公開されました。
なお今回のインストーラーには30日間の期間制限とレンダリング時に透かしが入る修正がされました。

V-Ray 1.6 for SketChUp version1.60.23


新機能
(*)レンダリングプリセット(Rendering Presets) – レンダリング様に予め使用出来るインテリア(Interior)とエクステリア(Exterior)用のプリセットが用意されました。
内容としては荒いですが高速なドラフトレンダリングと、高品質なレンダリング設定などが用意されています。
またこれらのプリセットは設定を適用した後にユーザー自身でカスタマイズや再設定出来ますので、プリセットを参考にレンダリング設定を見直しさらにそれを、プリセットとして新たに登録することが可能です。
(*)法線マッピング(Normal Mapping) – バンプマッピングに法線マップが使用できるようになりました。
(*)環境マッピング(Environment Mapping) – フォトマッチングが以前よりも簡単になりいくつかのタイプが追加されました。(Screen, Cylindr, Shrink warp)
(*)マルチセッションサポート(Multi-Session Support (OS X)) – 複数のSketchUpで開いているモデルを現在のモデルにセットすることが出来ます。

機能改善とバグ修正
(*)V-RayProxyで読み込む.vrmeshのパスが編集出来るようになりました。
(*)V-Rayライトがより正確な応答を示すようになりました。
(*)V-Ray RTを行なっている際にSketchUpシーンの編集によってアングルが変わらないようにカメラをロック出来るようなりました。
(*)V-Ray Toonのライン・カラーはV-Ray Physical Cameraの露出に対応して描画されるようになりました。
(*)いくつかのディストリビュート・レンダリング(Distribut Rendering)での問題が解決されました。
(*)シーンにオブジェクトを作ったり消したりした際にメモリーがリークしてしまう問題を修正。
(*)いくつかの報告されたサードパーティ製プラグインとの干渉を回避しました。
(*)SketchUpツールのビルドインが早まりキャンセルされてしまう原因になる問題を修正。
(*)Mac OS Xにて複数のSketchUpモデルを開くとシーンが破損してしまう問題を修正。

V-Ray for SketchUpオープンベータの詳細はこちら

V-Ray 1.6 SketchUp オープンベータ開始

待望のV-Ray for SketchUpの新バージョンのオープンベータが開始されます。
今回のV-Ray for SketchUpの大規模アップグレードでは、レンダリングのワークフローを強化(V-RayRT®、V-Ray Dome Light)、シーンの効率化(V-Ray proxy)などが含まれています。

オープンベーターの実施期間は約3ヶ月間となります。

V-Ray 1.6 SketchUpの主な機能

  • レンダリングエンジンのアップデート
  • V-Ray RTの追加(デモンストレーション
    V-Ray RTのレンダリングエンジンはCPUのみのサポートとして実装されます。
    ライティングやマテリアル等の変更を即座にフィードバックし、より直感的なシーン設計が可能です。

  • ライト
  • Dome Light(デモンストレーション
    シンプルでアーティファクトのないイメージベースのライティングが可能です。

    Sphere Light
    球形のライトを作成出来ます。

    コンポーネントライト
    V-RayのライトをSketchUpのコンポーネントの一部として登録することが可能になりました。
    複数のライトをデザインと一緒にコンポーネントする事ができます。

  • ジオメトリ
  • V-Rayプロキシのサポート(デモンストレーション
    大規模なシーン設計をする際に、モデルをProxy(代理オブジェクト)として配置することでメモリーの使用を最小限にすることができます。

    ●ライセンス
    今回より、従来のソフトウェアライセンスから、他のV-Rayと同様のハードウェアライセンスへ移行されます。
    オープンベーターはドングルを必要としない期間制限形態ですので、ドングルをお持ちでなくても参加出来ます。

    詳細は V-Ray for SketchUp ページを参照ください。

    1 2