ブログ

V-Ray 5 for SketchUp&Rhino のUpdate2.3がリリース

 

Chaos社は V-Ray 5 for SketchUpRhino Update2.3(5.20.04) リリース致しました。

Update2.3にはバグの修正と改善、その他SketchUp2022AppleSilicon(M1)のサポート、またRhino 8の実験的なサポートも含まれています。

V-Ray 5 ユーザー様は無償でダウンロード可能です。ダウンロードはこちらから↓

https://download.chaosgroup.com

V-Ray 5 for SketchUp Update2.3

【改良とバグの修正】

  • SketchUp 2022のサポートを追加
  • AppleSilicon(M1)のネイティブサポートを追加
  • SketchUp RubyのエラーがV-RayのLog Windowに記録されるようになりました。
  • デカールビューポートウィジェットが更新され、投影の向きがより明確に表示されるようになりました。
  • ビューポートのレンダリング中に画像に黒いアーチファクトが表示される問題は解決されました。
  • ドームライトの[Affect Specular]または[Affect Reflections]オプションのいずれかを無効にすると、不正な結果になる問題は解決されました。
  • Volumetric Environment を有効にしたり、フォグオプションを変更したりすると、インタラクティブレンダリングの更新が正しく行われるようになりました。
  • SketchUp 2021 および 2022 で、ファイル/インポートメニューから vrscene ファイルをインポートできない問題は解決されました。
  • VFBにおける領域レンダリングに関するいくつかの問題が解決されました。

UI

  • プログレッシブコースティクスを実装しました。この新しいモードは、[Calculation Mode/Disk Caching]ロールアウトで有効にすることができます。プログレッシブモードでは、コースティック効果はレンダリング中に生成されます(プログレッシブイメージサンプラーを使用する必要があります)。追加のプリパスは必要なく、フォトンマップも保存されません。
  • Curvatureテクスチャの新しいパラメータが多数公開されました – Mode, Radius, Ignore Bump, Output Gain, Output Lift, Output Gamma, Output Pivot, Output Clamp
  • バックサイドプロジェクションデカールオプションを実装。サーフェスの裏側でデカール効果を見るには、これを有効にします。
  • 大量のマテリアルを一度に削除する際の最適化を行いました。例えば、V-Rayライブラリのマテリアル(300以上)をすべて削除しても、1分もかからなくなりました。
  • デフォルトの内部 GPU エンジン (CUDA/RTX) パラメータの一部を更新し、メモリ使用量の削減と性能の向上を図りました。以前のバージョンの V-Ray で保存されたシーンは自動的に移行されます。
  • すべての NeUI エラーがログウィンドウに正しく記録されるようになりました。
  • SettingsRTEngine.gpu_light_cacheの警告メッセージがレンダーログに表示される問題は解決されました。
  • 新しいバージョンのアップデート通知ポップアップのリンクが機能しない問題は解決されました。
  • V-Ray パラメータ SettingsOptions.ray_bias の初期状態が、デフォルトで正しく設定されていない問題は解決されました。V-Ray が使用する内部値は、常に UI 状態に対応するようになりました。
  • マテリアル ライブラリまたは Light Gen コンテンツのダウンロードが中断されたときに、エラーがポップアップ表示される問題は解決されました。メッセージの種類は、警告に変更されます
  • Export V-Ray Sceneウィンドウで、現在のプロジェクト名が自動的に示唆されるようになりました。
  • Scatter の Seed パラメータのツールチップが更新されました。
  • 長い Scatter のゲスト名がゲストリストで重なる問題は解決されました
  • ビジョン
  • macOS 10.14 MojaveでVisionが動作しない問題は解決されました。

V-Ray 5 for Rhino Update2.3

【改良とバグの修正】

  • Rhino 8の実験的なサポートが追加されました
  • VFB のデフォルトのショートカットはすべて正しく設定されました。
  • プロジェクトでインスタンス化されていないブロックに割り当てられたマテリアルが不正にパージされる問題は解決されました。
  • デカールビューポートウィジェットが更新され、投影の方向がより明確に表示されるようになりました。
  • デカールの作成ロジックが更新され、初期位置と向きを正確に設定できるようになりました。最初の選択ポイントはデカールプロジェクションの左下コーナー、2番目の選択ポイントは右上コーナー、3番目の選択ポイントはウィジェットの高さを設定
  • デカールのマテリアルは、削除を取り消すと複製されなくなります。
  • デカールのマテリアルを「None」に設定すると、インタラクティブなレンダリングの更新が正しく行われるようになりました
  • GrasshopperのRectangular Lightsの位置決めと方向決めにPlane入力が使用されるようになりました。従来の定義も移行可能で、以前と同様に動作します。
  • スキャッターの密度マップがオブジェクトのUVに基づき正しく配置されるようになりました。
  • Grasshopper で作成したカメラ FOV アニメーションが vrscene ファイルに正しくエクスポートされるようになりました。
  • 特定の状況下で V-Ray プラグインを手動でロードするとクラッシュする問題は解決されました。
  • ドームライトのオプションであるAffect Specular,Affect Reflectionsのいずれかを無効にすると、不正確な結果になる問題は解決されました。

スクリプトアクセス

  • V-Ray Pythonスクリプトのトランザクションラッパーを実装しました。以前の ‘BeginChange()’ と ‘EndChange()’ 関数の代わりに、 ‘with vray.Scene.Transaction():’ に続けてトランザクションでラップされるべき変更を記述してください。
  • V-RayのPythonスクリプトAPI関数のうち、4つの関数が改名されました。プラグインをタイプ名で問い合わせる ‘PluginsByClass()’ は ‘PluginsByType()’ に、プラグインをカテゴリー名で問い合わせる ‘PluginsByType()’ は ‘PluginsByCategory()’ に、 ‘Plugin.Class()’ は ‘Plugin.Type()’ に、 ‘Plugin.Type()’ は ‘Plugin.Category()’ に変更された。
  • V-Ray Python API 関数の ‘SaveSettings()’ または ‘LoadSettings()’ のいずれかを実行すると、正しくブーリアン結果を返すようになりました。
  • V-Ray Python API 関数の ‘PluginsByCategory()’ と ‘PluginsByType()’ の問題は解決されました。第2引数をTrueに設定すると、トップレベルのV-Rayプラグインのみが正しく返されるようになりました。

UI

  • Progressive Causticsを実装しました。この新しいモードは、[計算モード/ディスクキャッシング]ロールアウトで有効にすることができます。プログレッシブモードでは、コースティック効果はレンダリング中に生成されます(プログレッシブイメージサンプラーを使用する必要があります)。追加のプリパスは必要なく、フォトンマップも保存されません。
  • Curvatureテクスチャの新しいパラメータが多数公開されました – Mode, Radius, Ignore Bump, Output Gain, Output Lift, Output Gamma, Output Pivot, Output Clamp
  • Backside Projectionデカールオプションを実装。サーフェスの裏側でデカール効果を見るには、これを有効にします。
  • 大量のマテリアルを一度に削除する際の最適化を行いました。例えば、V-Rayライブラリのマテリアル(300以上)をすべて削除しても、1分もかからなくなりました。
  • デフォルトの内部 GPU エンジン (CUDA/RTX) パラメータの一部を更新し、メモリ使用量の削減と性能の向上を図りました。以前のバージョンの V-Ray で保存されたシーンは自動的に移行されます。
  • すべての NeUI エラーがログウィンドウに正しく記録されるようになりました。
  • SettingsRTEngine.gpu_light_cacheの警告メッセージがレンダーログに表示される問題は解決されました。
  • 新しいバージョンのアップデート通知ポップアップのリンクが機能しない問題は解決されました。
  • V-Ray パラメータ SettingsOptions.ray_bias の初期状態が、デフォルトで正しく設定されていない問題は解決されました。V-Ray が使用する内部値は、常に UI 状態に対応するようになりました。
  • マテリアル ライブラリまたは Light Gen コンテンツのダウンロードが中断されたときに、エラーがポップアップ表示される問題は解決されました。メッセージの種類は、警告に変更されます
  • Export V-Ray Sceneウィンドウで、現在のプロジェクト名が自動的に示唆されるようになりました。
  • Scatter の Seed パラメータのツールチップが更新されました。
  • 長い Scatter のゲスト名がゲストリストで重なる問題は解決されました。

関連記事

ページ上部へ戻る