V-Ray for Rhino

V-Ray Rhino 3.40.02 アップデートをリリース

ChaosGroupは Rhino要のV-Ray最新アップデート "3.40.02" をリリースしました。このアップデートでは、ライセンスサーバーの更新、ユーザーインターフェースの改良、ライトの改良等多くの機能改良と不具合の修正が提供されます。 既存V-Ray 3 Rhompユーザー様は無償でアップデートいただけます。今すぐChaosGroupのアカウントからダウンロードいただけます。 V-Ray Rhino 3.40.02 主な改良点:
  • 同梱のライセンスサーバーを 4.4.1 に更新
  • Render Output >> Aspect Ratio ドロップダウンメニューに"Match Viewport"を追加。ビューポートの比率と一致したレンダリング画像を出力できます
  • V-Rayアセットエディタのジオメトリ・リストに種類を示すアイコンを表示します。オブジェクトの種類を簡単に把握する事ができます。
  • V-Rayアセットエディタのライト・リストに種類を示すアイコンを表示します。ライトの種類を簡単に把握する事ができます。またアイコンをクリックする事でライトのOn/Offを行う事ができます。
  • 縦並び(Top-Bottom)形式の立体視出力に対応
  • 平面ライトに “Directionality” (方向性)パラメーターを追加
  • Clipperでカスタムジオメトリ(NURBS or Mesh)が扱えるようになりました
V-Ray for Rhinoの製品情報はこちらへ