ブログ

Chaos社セルフサービスポータルとコーポレートサインインを提供開始

Chaos社セルフサービスポータルとコーポレートサインインを提供開始

Chaos社は原則「1社1Chaosアカウント(1つのEmailアドレス)」という決まりでライセンスを販売しています。

この規則により、会社で複数のライセンスを購入する場合全てを1つのChaosアカウント(1つのEmailアドレス)で使用する必要がありました。

例えば、(フローティングを使用せずに)所有する複数のライセンスを社内で使用する場合に、V-Rayを使用する社員全てにChaosアカウントのログイン情報(Emailとパスワード)を共有する必要がありました。

しかしながら、ようやく2021年10月よりChaos社は管理者による一元管理サービス「コーポーレートサインイン」と「セルフサービスポータル」(略してSSP)機能の提供を開始致しました。

簡単に説明すると:

「コーポレートサインイン」は、Chaosアカウントへのユーザー登録、ログインをAzure Active Directory等の他社のアカウント認証マネージメントサービスで一元管理できる機能です。

「セルフサービスポータル(SSP)」は、Chaos製品ライセンス(とChaosクラウドクレジット)を複数のメンバー(Chaosアカウントへ)の分配管理できる機能です。メンバーは個別にChaosアカウントに登録が必要です。

こちらに操作ドキュメントページを設けていますので、ご参照ください。


特に「セルフサービスポータル(SSP)」は、ようやく対応した待望の機能ではないかと思います。会社の管理者の方が、社員のChaosアカウントにライセンスを期間を指定して割り当てたり、また任意のタイミングで割り当てを削除したり、Chaosクラウドクレジットを社員に上限額を指定して使用させたりする事ができます。

「コーポレートサインイン」および「セルフサービスポータル(SSP)」を使用するには、Chaos(株式会社オーク)に申請が必要です。こちらを参考に管理者の顧客番号(customer number)を調べてお知らせください。

V-Ray.jp の記事も合わせて読む

関連記事

ページ上部へ戻る