ブログ

FumeFX 5.0.4 for 3dsMax アップデート

FumeFX 5.0.4 for 3dsMax アップデート

Sitni Sati社は、Autodesk®3dsMax用の FumeFX 5.0.4 アップデートをリリースしました。不具合の修正に加えて、このアップデートでは 3ds Max 2020.1で追加されたフローティング・ビューポートのGPU表示サポートが含まれています。アーティストは従来のFumeFXプレビューウィンドウの代わりに3dsMaxのフローティング・ビューを使用できます。 さらにタービュランスノイズにMagnitudeの速度に影響させるモードも追加されました。もう1つ地味ですが非常に役立つ追加機能として、ユーザーがどのシミュレーションパラメータがデフォルト値から変更されたかを簡単に判断できるパラメータチェックダイアログがあります。。

FumeFX 5 for 3ds MaxユーザーはSitni Satiのユーザーページより無償でアップデートをダウンロードいただけます。

FumeFX 5.0.4 は 3ds Max 2014~2020 をサポートしています。
また、FumeFX 5.0.4 は 3ds max 2018, 2019, 2020 で Arnold 5.3.1.1 をサポートしています。

FumeFX の評価版はこちらからリクエストしてください。

新機能と修正点

ビューポート

  • 3dsMax 2020.1 のフローティング・ビューポートをサポート。従来のFumeFX GPUプレビューウィンドウの様に3dsMaxのフローティング・ビューポートをご利用いただけます。
  • 最大化されたオルソ / パースペクティブ / カメラビューでGPUプレビューし、それから別のパースペクティブ/カメラビューに変更すると更新を停止する問題を修正
  • SpeericalタイプとリニアフォールオフのFumeFX Wind 表示不具合を修正
  • GPUビューポート内でVRayライトが動作しない不具合を修正

ユーザーインターフェース

  • タービュランスノイズのラスタライズビューを追加
  • “Turbulence noise parameter Offset”を”Time Offset”に改名
  • Simulationロールアウトレイアウトを変更
  • 変更されたFumeFX Wind Scaleパラメータは、FumeFXダイアログ内のTurbulence Noiseのようにワールド単位系に変更されました
  • obj / sourcesダイアログから作成するオブジェクトのリストにFumeFX Windを追加
  • FumeFXメニューにParameter Checkオプションを追加しました。

シミュレーション

  • tyFlowパーティクルの速度が大きすぎる問題を修正
  • タービュランス・ノイズにMagnitudeの速度ベクトルに影響を加える”Affect Velocity Magnitude Mode”を追加
  • タービュランス・ノイズに詳細ディテールのスケール(“Small Detail Scale”)パラメータを追加
  • タービュランス・ノイズに詳細ディテールの量(“Small Detail Amount”)パラメータを追加
  • FumeFX Windに詳細ディテールのスケール(“Small Detail Scale”)パラメータを追加
  • FumeFX Windに詳細ディテールの量(“Small Detail Amount”)パラメータを追加
  • FumeFX Windにノイズプレビューを追加

レンダリング

  • Arnold 5.3.1.1 をサポート
  • Arnoldでフォールオフが作用しない不具合を修正
  • 3ds Max 2020でFumeFXおよびFusionWorksレンダーエレメントが見つからない問題を修正

FumeFX 5 for 3ds Max 製品案内ページはこちらへ

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ページ上部へ戻る