ブログ

FumeFX 5.0.7 for 3dsMaxアップデート

FumeFX 5.0.7 for 3dsMaxアップデート

Sitni Sati社は3dsMax用のFumeFX 5.0.7アップデートをリリースしました。この更新では最新の Arnold Render 6.0.4.0 のサポートに加え、複数の改善と不具合の修正があります。Sitni Sati社のアカウントからダウンロードいただけます。

FumeFX 5.0.7の更新内容

シミュレーション

  • サードパーティからの.vdbファイルで初期状態シミュレーションサポートが追加されました
  • パーティクルソースが、カラーチャネルコントローラで動作しない問題を修正しました
  • tyFlow floatをベクトルコントローラーと使用している場合、パーティクルシステムをピックするとクラッシュする問題を修正しました
  • TP 6.7および3ds max 2019でクラッシュを引き起こしたFumeFX-TP birthオペレーターを修正しました

レンダリング

  • シェーディングを適用しないFumeFX Tex3D カラー抽出を追加しました
    Arnoldレンダー6.0.4.0のサポートが追加されました
  • FumeFX-Redshiftシェーダーとキャッシュのシャープ化不具合を修正しました

I/O サブシステム

  • Inputキャッシュにvelocitiesが存在する場合、.vdbの読み込みでクラッシュする問題を修正しました
  • サードパーティからの.vdbキャッシュでvelocitiesが正しくロードされなかった問題を修正しました
  • Colorが.fdcキャッシュ内に存在する場合、初期状態が機能しない問題を修正しました
  • .fxdを初期状態として使用する場合ファイルバージョンの不一致メッセージを出力する事がある問題を修正しました

UI

  • FumeFXメニューに初期状態(Initial State)のファイル名の表示を追加しました

その他

  • FumeFX Arnoldシェーダーを正しくインストールしない3ds max 2021のインストーラーを修正しました。

FumeFX for 3dsMaxの製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る