V-Ray for Unreal

V-Ray for UNREAL ベータ2 が公開。ベイクをサポート!

Chaos Group は Epic Games社の Unreal Editor に対応した 「V-Ray for Unreal」の BETA 2 をリリース致しました。BETAフェーズはこのBETA2で最終となります。
V-Ray for UNREAL のベータテストは無償でどなたでも参加いただけます。ぜひ利用してみてください。


V-Ray for Unreal ベータ2の新機能

ライトベイク
照明マップをV-Rayのレンダリングエンジンを使用してベイクする事ができます。なお現在のは静止オブジェクトと樹木のみサポートしています。

Unrealマテリアルのレンダリングをサポート
Unrealネイティブマテリアルをそのまま V-Ray for Unrealでレンダリングする事ができます。

Unrealのフォリッジ システムをサポート
Unrealエンジンのネイティブフォリッジ システム(樹木生成)をサポートし、広大な風景や地形のセットアップをV-Rayでレンダリングできます。

アニメーションレンダリングサポート
Unrealのシーケンスエディタで作成したシネマティクス(アニメーション)をV-Rayでレンダリングできます。

レンダリング品質プリセット
Low から High のスライダーを使ってレンダリング品質を簡単にセットできます。

パッケージングとクック処理
V-Rayマテリアルが、パッケージングやクック処理に含まれるようになりました

レンダーエレメント
レンダリング後の調整に役立つレンダーエレメントの出力をサポート

その他多数