V-Ray for 3dsMax

V-Ray 3.0 for 3dsMax 次アップデートの機能など

ChaosGroupが次期V-Ray 3.0 for 3dsMax サービスパックの追加機能と改良点公開していましたので紹介。 1つは、レンダリング中にオンザフライでDRの子機を追加したり削除する機能。 3dsMaxのレンダリング進行ウィンドウの下部にDRコントロールを呼び出すボタンが追加されています。 SP1までは、VRayScatterVolumeMtl にライトキャッシュを組み合わせると不正な結果を返す不具合がありましたが、次のサービスパックではこれが改善されライトキャッシュを使う事で早く滑らかなボリューム表現が可能になっています。 V-Ray3dsMax 3.0 SP1で追加されたGTR BRDFのですが、高いGlossinessと低いTailFalloffで、輪郭が不必要にグロー(明るく)になる問題があったのですが、次のサービスパックではこれを改良したとの事。 オリジナルの画像はChaosGroup Labsで見る事ができます。 gtrfix