ブログ

V-Ray for MODO ver 3.00.03 パブリックベータアップデート

V-Ray for MODO パブリックベータ版がアップデートしました。ビルドバージョンは “3.00.03” です。
ベータテスター様はChaosGroup.com アカウントよりダウンロードいただけます。

V-Ray for MODO ver 3.00.03 パブリックベータ
=================================================

新機能:
===========
(*) Nodal Shading: 最初のサポート実装。ノード内ではMODO標準マテリアル、V-Rayマテリアル、V-Rayテクスチャーのみ利用できます。V-Rayマテリアルもしくはテクスチャーをスケマテックに追加すると、テクスチャー可能なチャンネルは全て自動的にスケマッテックに追加されます。その他のチャンネルはテクスチャーを作成する事はできません。
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Color -> Color Blend をサポート
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Color -> Color Correct をサポート
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Color -> Color Gamma をサポート
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Color -> Color HSV をサポート
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Color -> Color Invert をサポート
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Color -> Color Kelvinをサポート
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Conditional -> 全タイプをサポート
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Math -> Basic Math: Add, Average, Divide, Maximum, Minimum, Modulo, Multiply, Subtract をサポート
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Math -> Math: Absolute, Ceiling, Constant, Exp, Floor, Log, Log10, Power, Square Root をサポート
(*) Nodal Shading: Channel Modifier -> Math -> Trigonometry: Cos, Sin, Tan をサポート
(*) Nodal Shading: Shader Inputs -> Ray Type -> Camera Ray, Shadow Ray, Reflection Ray, Refraction Ray, Indirect Ray, Caustic Ray, Number of Bounces をサポート
(*) V-Ray Textures: V-Ray Color Correct テクスチャーを追加

改良された機能:
===========
(*) Camera: “orthohraphic” および “spherical”のカメラプロジェクションタイプを認識します。
(*) Camera: V-Ray camera タブに MODOのプロジェクションタイプおよびFOVを上書き(Override)するオプションを追加
(*) Nodal Shading: “gradient”テクスチャーの”inVal”入力をサポート
(*) Replicator: リプリケーターのネスト(入れ子)をサポート
(*) V-Ray Materials : Fast SSS2 および Skin materials の”Multiple scattering”を無効にするオプションを追加(“None”を選択)
(*) V-Ray Materials : V-Ray MaterialのBRDFタイプが GGX である場合glossinessパラメーターは以前とは異なった方法で働きます。結果的に他の BRDF タイプと近い挙動を示します。
(*) V-Ray Materials : V-Ray Material に GGX tail falloff パラメーターを追加。 GGX 反射モデルを選択した場合にハイライトのフォールオフをコントロールします。
(*) V-Ray Proxy : Alembic SubD オブジェクトをサポート。V-Ray ProxyアイテムUIに新しいパラメーター”Alembic Subdivision Parameters”が追加されています。
(*) V-Ray Render Settings : シーン全てのマテリアルの Sub-surface scattering を有効・無効化するオプションを追加。Render item -> V-Ray Main -> Global options – advanced -> SSS enabled で見つける事ができます。
(*) V-Ray Render Settings : probabilistic lights (確立的ライトサンプル)オプションを追加. Render item -> V-Ray Main -> Global options – advanced -> “Enable probabilistic lights” および “Number of probabilistic lights” で見つける事ができます。

不具合の修正:
===========
(*) Replicator: スケマティックでリプリケーターに複数のプロトタイプアイテムを接続した場合に正しく動作するようになりました。

V-Ray for MODOの情報はこちらへ

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30  
ページ上部へ戻る