ブログ

[MODO] V-Ray|MODO 発売開始 7月21日まで20%OFFで購入頂けます! =>延長決定! 8月8日迄

OakScreenShot

ChaosGroupより V-Ray | MODO 製品版がリリースがされましたのでご案内致します。

V-Ray | MODOは、世界中のプロダクションワークで実証されたV-RayレンダリングシステムをシームレスにMODOネイティブ・ワークフローへインテグレートするプラグインです。既にMODOを導入されているスタジオ様、またこれからMODOの導入を検討されているユーザー様に、レンダリング・プラットホームを統一する選択肢を提供します。

V-Ray for MODOはビジュアルエフェクト、ブロードキャスティング、建築デザインプロジェクトなど20年近い経験を持つその他のV-Rayシリーズと同じコア・テクノロジーを採用しています。完璧な間接照明、シェーディング、レンダリングツールキットはアーティストの自由な発想や創造によるデザインから最終的なレンダリングプロセスまでの全てのコントロールを可能にします。

V-Ray for MODO ではChaosGroup初の”ハードウェアキーを使用しないオンライン・ライセンスシステム”を選択いただけます。また既存ChaosGroupドングルでライセンスする事も可能です。

V-Ray|MODOの主な特徴:

高速なレイトレーシングおよびレンダリング・パフォーマンス

V-Ray 3.0 ではブルートフォース・タイプのレンダリングでも実用となるように、根本のレイトレーシング計算の最適化を行いました。最新の V-Ray 3.4 core では新しいVBASイメージサンプリングアルゴリズムを搭載し、イメージの明るい場所暗い場所でノイズ量が均一化されより高品位なイメージを出力します。V-Ray|MODOはV-Ray 3.4 coreをベースに実装されています。

インテグレートされたデノイザー

V-Ray|MODOは最新のV-Ray Denoiserをサポートしています。ユーザーは簡単に最終レンダリングからノイズを取り除く事ができます。単純に30~50%のレンダリング時間を短縮する事ができるでしょう!

フィジカルワークフロー

V-Rayは現実に近い素材(GTR/GGX BRDF)、照明(VRayLights, 直接照明IBL)、一眼レフカメラ(VRayPhysicalCamera)を用い、現実世界をシミュレートしてレンダリングを行う為、現実のスタジオや撮影現場を忠実に再現する事ができます。

高速なフィードバックおよびV-Ray RT

プログレッシブサンプリングによる高速なイメージフィードバックおよびダイナミック・バケット分割による無駄の無いマルチスレッド計算をサポートしています。V-Ray|MODOではV-Ray RT|GPUによるインタラクティブなレンダリングフィードバックもサポートします。

強化されたキャラクター表現

V-Ray 3.40コアでは詳細なチューニングよるヘアーおよびファーシェーディングの劇的なスピードアップを達成しています。VRaySkinMtl によるアーティストフレンドリーなSSSセットアップでより効率的に魅力的なキャラクターを表現する事ができます。

高品位プロダクトレンダリング

非常に軽くメモリを消費しないV-Ray Stochastic Flakesマテリアルによりラメ・フレーク塗装の表現が飛躍的に向上しました。V-RayではNVIDIA R社よりレイトレースラウンドコーナー機能をライセンスしており、より複雑なオブジェクト形状への擬似フィレット表現が可能です。

正確なカラーワークフロー

リニアワークフローのサポートはもちろん、VRay専用フレームバッファでは、ホワイトバランス、コントラスト、色相、彩度、カラーバランスの調整の他 LUTs, ICC, OpenColorIO のカラーマネージメントプロファイルを適用する事が可能です。

ディストリビュートレンダリング、ネットワークレンダリング

V-Ray|MODOはV-Rayディストリビュートレンダリングはもちろん、MODOのコマンドラインレンダリング、VRayStandaloneによるレンダリングをサポートし、複数マシン投入によるレンダリングフローのスピードアップおよび大規模レンダリングに対応します。
※ディストリビュートレンダリング、ネットワークレンダリングを行うには台数分のV-Rayレンダーノードライセンスが必要です。

ボリュームレンダリングサポート

OpenVDB (主にHoudiniから), Field3D (主にFumeFXから)、Phoenix FDのガス状ボリュームエフェクトを読み込み、V-Ray|MODOでネイティブにボリューム・レンダリングする事が可能です。

パイプラインフォーマット

V-Ray|MODOは次のパイプラインフォーマットをサポートしています:Alembic 1.5、OpenEXR 2.2 (Deep)、Ptex、OpenColorIO、OpenSubdiv、マルチタイルUV

V-Ray Scene入力・出力

V-Ray|MODOは vrscene ファイルの出力はもちろん vrscene の読み込みも可能としています。vrscene の読み込みはMODOのモデルデータとして読み込まれMODO内で編集する事が可能です。このレベルのvrscene読み込み機能サポートは現在V-Ray|MODOだけです。

その他機能多数!

既に評価版もダウンロードいただけます。
V-Ray for MODOの価格・詳細はこちらへ!

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31  
ページ上部へ戻る