Fume FX

FumeFX for Maya 3.5.3 アップデートが公開

Sitni Sati社は2014年03月15日にautodesk社Maya用のフルイドシミュレーション・プラグイン「FumeFX」の最新アップデート[3.5.3]を公開しました。このアップデートは既存ユーザーへ無償で提供されます。弊社 FumeFX for Mayaサポートページより今直ぐダウンロードいただけます。 2014年3月26日更新 FumeFX [maya] 3.5.3 リリースノート ・MEL/Python によるコントロールをサポート ・V-Ray シェーダーサポート ・mental ray の Camera Depth および 2D Motion Vector Render Pass をサポート なお、FumeFX V-RayShaderを使用するはV-Ray 2.45 nightliesバージョンという特別バージョンが必要です。(nightliesへのアクセスは弊社サポートまでご相談ください。) またFumeFX V-RayShaderは別途インストールが必要で、ローカルでのレンダリングは無償でネットワークレンダリング用には別途ライセンスを購入する必要があります。 FumeFX V-RayShader  のレンダリングノードライセンスは販売中です。価格は弊社セールス[sales@oakcorp.net]までお見積りください。 FumeFX [Maya]の商品詳細はこちらへ