ブログ

V-Ray 3.0 for 3dsMax 3.00.02アップデート

ChaosGroupは V-Ray 3.0 for 3dsMax をアップデートしました。ビルドバージョンは 3.00.02 です。
主にリリース直後に見つかった不具合の修正です。
ユーザー様はChaosGroupのアカウントから今すぐダウンロードいただけます。

Build 3.00.02 (official) (07 February 2014)
==============

改良:
(*) vrimg2exr: デフォルトのバッファサイズを 100MBとし、デフォルトの変換スピードを向上。(なおバッファサイズはユーザーが任意にセットできます)

不具合の修正:
(*) インストーラー: ライセンス参照先が常にlocalhostで定義される問題
(*) レンダーマスク: ディストリビュートレンダリングでの不具合
(*) アクティブシェードモードでV-Ray VFBクアッドメニューコマンドが表示されない問題
(*) V-Ray: txmake.exe (.tx)のようなツールで作成されたタイルテクスチャーのmip-mapが正しく機能しない問題
(*) V-Ray: タイルテクスチャーを使用したシーンでレンダリングをキャンセルするとまれにクラッシュする問題
(*) V-Ray: 領域レンダリングの縦サイズ(height)を横サイズ(width)とロックしている場合に、縦サイズ(height)が更新されない問題
(*) VRayHDRI: 旧バージョンに比較して OpenEXRの読み込みが遅い問題
(*) VRayHDRI: 全レイヤーを非表示にしているPSDファイルを読み込むとクラッシュする問題
(*) VRayMtlWrapper: ベースマテリアルに マルチ/サブオブジェクト・マテリアルをセットするとクラッシュする問題(*) VRayBPTracer: カメラモーションブラーの不具合
(*) VRayGLSLMtl/VRayGLSLTex: グローバル変数に”discard”を記述するとクラッシュする問題
(*) VRayOSLMtl/VRayOSLTex: 幾つかの入力パラメーターが適切に更新されない為 OSL 1.3 に戻しました。
(*) VRayLightSelect: 複数のVRayLightSelectを追加して使用する場合、Removeボタンが無効になる問題
(*) VRayFakeFresnel: V-Rayのテクスチャーカテゴリーに表示されるように修正
(*) VRayProxy: Proxyオブジェクトをマウスで選択しようとすると背後のオブジェクトが選択される問題

(*) V-Ray RT: マルチ/サブオブジェクト・マテリアル内でアニメートされたマテリアルを使用する場合、アニメーションが正しくレンダリングされない問題
(*) V-Ray RT GPU: ベイクされたプロシージャ・テクスチャーが誤った座標でマッピングされる問題
(*) V-Ray RT GPU: VRayExtraTexレンダーエレメントにVRayDirtをセットしている場合、正しくレンダリングされない問題
(*) imapviewer: 表示大きなイラディアンスマップを結合する場合、標準出力へのメッセージ数を省略しました。

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31  
ページ上部へ戻る