ブログ

V-Ray 1.8 for CINEMA 4Dの不具合について [2013年10月11日更新]

現時点で判明している不具合です。緊急性の高い問題から順番に修正されます。
(修正版のアップロードが確認できましたら、この記事を更新します。)

緊急修正版は水曜日にリリースされる予定です。
2013年10月11日に1.8.1 がリリースされました。詳しくはこちらへ

以下は既知の問題で開発元では対処済みの不具合リストです。

  • Windows 8 で V-Ray 1.8プラグインの読み込みでエラーが表示される
  • OpenGL表示が遅い、表示されない物がある、読み込みが遅い
  • バンプマップおよび3DディスプレイスメントマップがUVWモードで働かない
  • マルチパスマネージャーで Object IDが複数追加できない問題
  • 幾つかUVマッピングに関するエラー
  • マテリアルが反転、プレビューが反転、環境マップ反転する問題
  • マテリアルプレビューの更新、背景に関する問題
  • 古い vrmesh が利用できない問題
  • CarPaintマテリアルのテクスチャーが誤った座標でマッピングされる問題
  • テクスチャーパスが更新されない(黒いプレビュー)の問題
  • テクスチャーアセットの保存場所に関して毎回質問してくる問題
  • OSX版V-RayStandaloneのアンインストールで停止する問題
  • OSX版でイラディアンスマップにアーティファクトが発生する問題
  • 2重にガンマが適用される問題
  • 2Dプレビューが明るい問題(誤ってガンマ2.2が適用される為)
  • レンダー設定のモーションブラーsubdivsionが働かない問題。
  • V-RayMotionBlurタグでサンプル数を”1″にセットしてしまうとクラッシュする問題(最下限を”2″にセットしていない為)
  • カラーマッピングのclamp outputを”2″にセットしても”1″にセットした場合と同じになる問題
  • 新機能のVRayRenderSplineツールで閉じたスプラインが正しくレンダリングされない問題
  • VRayBitmapコンバーターが非常に時間が掛かる事がある問題。またディスプレイスメントチャンネルとライトのテクスチャーを変換しない問題
  • 新しいV-RayParticleObjectがThinkingParticleをサポートしていない問題
  • CINEMA 4D R13で Hairが”none”モードの場合レンダリングされない問題
  • V-RayShaderのDirtで”environment occlusio”のオプションを有効にするとクラッシュする問題

以下はアップデートで対応予定の希望リスト

  • V-RayBitmapLoderでPSDファイルのレイヤーをサポート
  • ライブラリ(lib)ファイルへのテクスチャーパスをサポート
  • CINEMA 4D R14のテクスチャービットマップリストにV-RayBitmapもリストされるようにサポート
  • R15の”芝生”機能のサポート
  • ディストリビュートレンダリングでカスタムポートを指定できるオプション追加

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部へ戻る