ブログ

V-Ray 6 for 3ds Max, Hoftix 1 [Build 6.00.06 ]がリリース

V-Ray 6 for 3ds Max, Hoftix 1 [Build 6.00.06 ]がリリース

Chaos社は V-Ray 6 for 3ds Max の Hotfix 1 (Build 6.00.06)をリリース致しました。
ユーザー様はChaosのダウンロードページよりインストーラーをダウンロード頂けます。

V-Ray 6 for 3dsMax, Build 6.00.06 [Hotfix 1] の更新点

新機能と改良

  • プロダクションレンダラーを”V-Ray”と”V-Ray GPU”の間で切り替えた場合も、レンダリング設定を保持する様になりました
  • Chaos Cosmosの壁(walls)と天井(ceiling)に適した自動アセット配置モードを設定
  • Chaos Cosmosインポーター:デカールのオートグリッド/自動配置をサポート
  • Vantageツールバーのアイコンを刷新
  • EnvironmentロールアウトのUIをQT化
  • VRayBitmapのUIをQT化
  • V-RayMtlのFog depth および translucency amountにテクスチャースロットを追加

不具合の修正

  • V-Ray: VRayLightの環境効果への影響(Affect atmospherics)での非ボリュームへのRayヒットについてのみ、diffuseとspecularを別々に評価します
  • V-Ray: EXRをVFBから直接保存する場合マルチスレッド(回帰)でない問題
  • V-Ray: マットオブジェクトと目に見えないVRayLight(invisible有効)でアーティファクトが発生する問題
  • V-Ray: 反射のDimフォールオフはマットオブジェクトで機能しない問題
  • V-Ray: Matte surfacesのフロントで見えないライトが見えてしまう問題
  • V-Ray: VRayMtlのthin filmアニメーション化された厚さパラメータがvrscenneにエクスポートされない問題
  • V-Ray: VRayBlendMtlのコートマテリアルを空きスロットにドラッグすると、コンパクトマテリアルエディタでクラッシュする問題
  • V-Ray GPU: Chaos Scatterでスプラインを配布オブジェクトとして使用するとGPUレンダリングでクラッシュする問題
  • V-Ray GPU:Chaos Scatterで配布オブジェクトにベースマップとして使用するテクスチャがない場合、OptixはChaos Scatterとソースオブジェクトの割り当てられたサーフェスカラーでクラッシュする問題
  • V-Ray GPU:特定のシーンでGPUエンジンがクラッシュする問題
  • V-Ray GPU:”Clip lights geometry”オプションが無効で、非ライトジオメトリがライトの前にある場合、ライトジオメトリがクリップされる問題
  • V-Ray GPU:Use object materialに設定されている場合、クリップされたVRayLightオブジェクトのVRayClipperマテリアルが正しくない問題
  • VFB: CryptomatteマスクにVRayScatterを選択するとクラッシュする問題
  • VRayDirt: “Distribution”パラメータは反射モードで無効になる様に変更
  • VRaEnmesh: VRayEnmeshModのクロップボックスサイズがUnwrapUVWでリセットされる問題
  • VRaEnmesh: VRayEnmeshをVRayTriplanarTexでシェーディングすると間違った結果を生成する問題
  • VRaEnmesh: VRayEnmeshは非表示のポリゴンを無視し、オブジェクトリストの完全なメッシュをレンダリングする問題
  • VRaEnmesh: VRayEnmeshリストに同じメッシュを複数回登録できる問題
  • VRaEnmesh: UIを再構成
  • VRayInstancerを使用する場合の更新後の黒くIPRレンダリングされる問題
  • VRayDomeで使用した場合、VRaySunのクラウドがIPRで更新されません。

V-Ray for 3dsMax の製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る