ブログ

V-Ray 5 for Maya, Update 2.1 アップデート

Chaos社は V-Ray 5 Mayaのマイナーアップデート “V-Ray 5, Update 2.1″を提供開始致しました。
Chaosのアカウントよりダウンロードいただけます。

V-Ray 5 for Maya, Update 2.1より、USD へライトのテクスチャファイルのエクスポートとVRayDisplacementのエクスポートの両方がサポートされます。

さらに、VRayDecalでモデルの裏側に投影するかどうかを制御するオプションを追加し、V-Ray GPUのフィジカルカメラでレンズディストーションのテクスチャモードのサポートを追加しました。また、Viewport 2.0のVRayMtlのローカル異方性軸をアップデートし、Cryptomatteをより正確に改善し、さらに多くの改善と不具合の修正が行われています。

V-Ray 5, update 2.1 (Build 5.20.01)の変更点:

新機能と改良

V-Ray GPU

  • フィジカルカメラのレンズディストーションオプションでテクスチャモードをサポート

VRayDecal

  • 背面投影オプションを追加VRayDecal

Cryptomatte

  • 新しいより堅牢なCryptomatteの実装

マテリアルインポート

  • Chaos Cosmosマテリアルインポート時にリアルワールドスケールをサポート

Chaos Cloud

  • Chaos CloudへのSubmitウィンドウのデフォルトをシングルカメラとシングルレイヤーに変更

V-Ray GPU

  • V-Ray GPUでTotalLightエレメントをサポート
  • カーネルのコンパイル時間を60%高速化

V-Ray

  • VRayHairNextMtlのデフォルトで、”Compensate Energy”を無効化

USD

  • V-Ray chaser UIを改良
  • チェイサーを介したVRayDisplacementのエクスポートがUIで利用可能
  • USDへライトのテクスチャー情報をエクスポート対応

VRayLightDome, VrayLightIES, VRayMeshLight

  • V-Ray GPUモードのV-Rayライトにボリュームへの影響(Atmospheric contribution)コントロールを表示

Viewport 2.0

  • Viewport2.0のVRayMtlのローカル異方性(anisotropy)軸を更新

Chaos Cosmos

  • アセットからのプロキシは、より適切な名前になりました

その他不具合の修正が含まれます

V-Ray for Maya の製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る