V-Ray for Maya

V-Ray for Maya 2.40 アップデートリリース (Mayaプラグイン)

ChaosGroupは 2013年11月8日付けでV-Ray for Mayaの最新バージョン「V-Ray for Maya 2.40.01」アップデートをリリースしました。 このアップデートは V-Ray 2.0 for Mayaユーザーへ無償のアップデートです。今すぐChaosGroupのアカウントからダウンロードいただけます。 V-Ray for Maya 2.40 official (4 November 2013)リリースノート 新機能
  • V-Ray RT GPU: CUDA エンジンをサポート。(CUDAを利用するには FermiもしくはKepler世代以降のnVidiaビデオカードが必要です)
  • V-Ray RT and V-Ray RT GPU: モーションブラーをサポート (変換・変形両方)
  • カーブを直接レンダリングする事ができます。 (object properties, displacement と同じように割り当てます。)
  • VRayDistanceTexを追加(Maya and Standalone)
改良された機能
  • V-Ray RT GPU: サブピクセル・フィルタリングをサポート
  • V-Ray RT GPU: テクスチャーをResizeしないオプションを追加
  • V-Ray RT GPU: GPUで使うテクスチャーの色深度を任意に指定するオプションを追加。GPUのメモリ消費量を抑える事ができます。
  • OpenEXR extra attributesとしてアニメートされた値をサポート
  • パーティクルの radiusPP アトリビュートをサポート
  • TexEdgesに"Show subtriangles"オプションを追加
  • 大量のIESライト使用時のシーン初期化速度を改善
  • VRayDirtに除外リスト(exclude)を追加
  • Granite(花崗岩) および Leather(革)テクスチャーの密度パラメーターへのテクスチャーコントロールをサポート
  • グリッド(Grid)テクスチャーの幅パラメーターへのテクスチャーコントロールをサポート
  • VRayMtlの"Fog color"をテクスチャーコントロールする事ができます。
  • V-RayオブジェクトプロパティにGIサンプル数を個別に増減する"gi subdivs multiplier"パラメーターを追加
  • Mayaの幾つかのパラメーターに適切な上限値を設定しました。
  • スワッチレンダリングに対する「subdivs」値を制限
  • スワッチレンダリングのライトに対する「subdivs」値を制限
  • V-Ray VFBの"sRGB"ボタンをデフォルトで有効としました。
  • プロジェクションテクスチャーの異なるフィットモードをサポート
  • VRayIESライトに"store with irradiance map"オプションを追加
  • インターリーブ tiff形式の出力をサポート
  • Maya FluidへのdynamicなV-RayアトリビュートはPhoenix FDシェーダーにも反映されるようになりました。
  • V-Ray displacementアトリビュートを一時的に無効にする "None"スイッチを追加。
その他不具合の修正多数。 詳細は弊社V-Ray for Mayaサポートサイトに順次掲載致しますのでよろしくお願いいたします。 V-Ray for Mayaの製品情報はこちらへ