ブログ

V-Ray for Unreal, Update3 リリース。半額に価格変更

V-Ray for Unreal, Update3 リリース。半額に価格変更

CHAOS GROUPは UnrealEditor用のV-Ray最新版 “V-Ray for Unreal, update 3″をリリース致しました。レンタル期間中のV-Ray Unrealユーザー様は今すぐアップデートをご利用いただけます。CHAOS GROUPアカウントよりダウンロード。

本日2020年6月25日より、V-Ray for Unreal の1年間レンタルライセンスの価格が変更されます。半額以下の価格設定となっております。

V-Ray for Unreal (1年間レンタル) = ¥55,000 → 新価格¥26,500 [税別]

購入はオンラインショップより

“V-Ray for Unreal, update 3″の主な新機能と変更点

  • CHAOS CLOUD経由でのレンダリングとライトベイク処理をサポート
  • オブジェクトを自動的にアンラップし、マテリアルを最適化する新しいMaxscriptを追加。これによりオブジェクトをUnreal Engineにインポートしてベイクする使用する準備が整います。
  • VRayMtlのフォールオフをUnrealのSideColorで表現するオプションを追加
  • Unreal engine 4.25をサポート
  • V-Ray Standaloneでレンダリングできるライトベイク用の.vrsceneファイルを生成するvrscene出力オプションを追加
  • Unreal外で生成されたアトラスからライトマップをインポートするためのProcess Atlases機能を追加
  • Cryptomatteレンダーエレメントをサポート
  • V-Ray Mesh Light をサポート
  • UnrealのSkylightアクタをサポート
  • モバイルプラットフォーム用のV-Rayマテリアルのパッケージ化のサポートを追加
  • Unrealのランドスケープ・アクターの初期サポートを追加
  • アクターの静的および動的シャドウキャストのサポートを追加
  • ユーザーがリアルタイムオプションを無効にしてビューポートでレンダリングしている場合の通知を追加
  • インポートされた静的メッシュにマテリアルが割り当てられる様に.vrsceneインポートを改善

V-Ray for Unrealの製品案内ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る