ブログ

Project Lavina Beta 3 がリリース

Project Lavina Beta 3 がリリース

Chaos Groupは “Project Lavina, beta 3” をリリース致しました。このアップデートでは、新しい機能が追加されています。
“Project Lavina Beta”はV-Ray Next for 3dsMax / Maya /SketchUp / Rhino / Revit をお持ちの方は無償でご利用ただけます。ダウンロードはCHAOS GROUPのアカウントから

新機能

  • 新しくLavina内でアニメーションを作成できるアニメーション・エディタを追加 (初期段階)
  • 読み込みライトのグループ化(インスタンス)に対応
  • 新しい V-Ray 5 のSun/Skyモデルをサポート。夕日~夜の推移がよりリアルになっています。
  • ノイズしきい値のオプションを追加
  • シンプルライトポータル(単純に環境カラーをバックトレース)をサポート
  • CommonTextureとMappedTextureのテクスチャパラメータセットのサポートが追加されました。次のパラメーターをサポートします:Crop, Place, AlphaSource, MonoChannelOutput, RGBChannelOutput, Invert, OutputAmount, Clamp, RGBOffset, RGBLevel

改良された機能

  • カラーピッカーの改良 – インタラクティブ更新、色温度によるカラー設定、 プリセットカラー、 色範囲オプションのサポート
  • ユーザーインターフェースの改良:最後のスナップショットのレンダリング時間情報、ライトを選択すると、そのライトがライトリスタでフォーカスされます
  • LavinaとV-Rayレンダリング間のギャップを縮小

Project Lavina の詳細はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る