ブログ

GrowFX 2.0.0 ベータ版が公開

Exlevel社は、3dsMax用植物モデリングソフトウェアの最新版 「GrowFX 2.0.0 (Beta)」をリリースしました。

これまでのパネル型インターフェースからノード型の表示になっており、パラメーター間の関係性がよりわかり易くなっています。

なお、GrowFX 2.0 BETA よりメンテナンスサブスクリプションが導入されました。2018年12月1日以前にGrowFXを購入された方は、メンテナンスサブスクリプション1年間を購入いただく事で1年間GrowFX 2.0のアップデートにアクセスいただけます。(2018年12月1日以降に購入された方には1年間のメンテナンスサブスクリプションが付属として提供されます。)

※メンテナンス期間中はアップグレードにアクセスいただけます。なおメンテナンスが切れてでも、期間中にアクセスできたバージョンは永久ライセンスでご利用いただけます。

メンテナンスサブスクリプションの購入はこちらからお問い合わせください。

GrowFX 2.0.0 (Beta)

  • *これまでのパネルの代わりにノードエディタを追加しました。これで、GrowFXデータ構造全体を目視でき、植物の編集と最適化が簡単になります。
  • Path Reaction モディファイヤのアルゴリズムを改良
  • Curveノードに繰り返しパラメーターを追加しました。また、別のCuveノードをスケール係数(Scale factor)パラメーターに接続することもできます。
  • Deviation direction(偏差方向)モディファイヤに “Use All Distributors”オプションを追加、これにより、このモディファイヤを簡単に構成できます。
  • “Radius for the Cylinder mesh” と “Radius for the Meta mesh”パラメーターを追加。これは、ある点で実際の半径値をパスします。また半径の値を別の値、たとえば、ブランチのオフセットに直接渡すこともできます。

GrowFXの商品詳細はこちらへ

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31  
ページ上部へ戻る