GrowFX

GrowFX 1.9.3 ベータ版が公開

Exlevelは GrowFX 1.9.3 ベータ版をリリースしました。Exlevelのアカウントからダウンロードいただけます。 ※今回のリリースはベータ版です。問題なければ数日後に安定版がリリースされます。 特に急いでない場合は安定版リリース後にアップデートする事を推奨します。 GrowFX 1.9.3 ベータ版の更新内容: + 3ds Max 2014(Design 2014)をサポート + メタメッシュビルダーにディスプレイスメントマップ機能を追加 + Wind objectに減衰(Decay)パラメーターを追加 + 新しい方向定義モディファイヤ「Copy direction」を追加。 + 全てのディストリビュータに「Count Rate %」および「Seed offset」パラメーターを追加 + ベクトルの向きを定義する"Vector Orientation"モディファイヤにローカルベクトル(Local vector)パラメーターを追加 + GrowFXオブジェクトの変換パラメーターを"メッシュ"と"スプライン"に分割 + パス別にスプラインに変換する事が可能になりました。 + プリセット読み書き用のMaxScriptコマンドを追加 + その他細かな不具合の修正 メタメッシュにディスプレイスメントマップが適用できます。 Windで距離による減衰が利用できようになりました。 "Copy direction"機能は、左図のように親パスから任意の部分を複製する機能です。(解りやすいようにオフセットを取ってあります) これをうまく使うと、トウモロコシのような茎を包み込む葉っぱをモデリングできます。(右図) (左図)オフセット距離をカーブで編集するとこんな形状も簡単にできます。 (右図)枝グループの間隔を空けつつ、グループ内で微妙にずらすカスケードのブランチとしても有効です。