ブログ

V-Ray Next for Maya, Update 2がリリース

V-Ray Next for Maya, Update 2がリリース

CHAOS GROUPは autodesk社 Maya用の V-Ray最新バージョン「V-Ray Next for Maya, Update2」を提供開始致しました。
このアップデートは既存のV-Ray Next Mayaユーザー様に無償で提供されます。今すぐCHAOS GROUPアカウントよりダウンロードいただけます。

V-Ray Next Maya, Update 2 の主な新機能:

  • V-Ray GPUでNVIDIA RTX をサポート
    NVIDIAの最新ハードウェアを使用して、GPUレンダリングを大きくアクセラレーションします。
  • ハッシュマップに基づくLightCache
    LightCache GIでアニメーションのパフォーマンスを改善する新しいハッシュマップ法をサポート
  • レンズ効果用のホコリ・キズ効果
    V-Ray VFBのリアルタイムレンズ効果に、レンズのホコリ・キズをシミュレートするシェーダーを実装。よりリアルなレンズ効果を得る事ができます。
  • V-Ray GPUでDistanceテクスチャーサポート
    ジオメトリの形状を元にシェーディングエフェクトを加えるDistanceテクスチャーがV-Ray GPUでもご利用いただけるようになりました。
  • Bercon Noise テクスチャ
    3ds Max版で非常に有名なオープンソースのプロシージャルテクスチャー”BerconMaps”(http://www.ylilammi.com/2013/09/berconmaps/)から Bercon NoiseマップをV-Rayネイティブシェーダーとして移植。MayaでもBercon Noiseをご利用いただけます。
  • V-Rayサブディビジョンでクリース[折り目]をサポート
    V-Rayネイティブのサブディビジョンで、より高速でメモリ効率の良いエッジと頂点のクリース[折り目]をサポート

その他、多数の改善点と報告された不具合の修正が含まれます。

V-Ray Next for Maya の製品案内はこちらへ

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31  
ページ上部へ戻る