[Pixologic] ZBrush 4R8 P1 をリリース

Pixologic社は ZBrush 4R8  “Patch 1″を本日(2017年6月30日)にリリース致しました。[Source]

●新規

  • 4R8 Patch1の提供に伴い、フローティング・ライセンス用のインストーラーを提供開始
  • カラーにより調整(Modulate By Color)スライダーがナノメッシュに追加
  • ブーリアン設定( Boolean >> Preference)から、ブーリアンメッシュ作成(Make Boolean Mesh)が生成する一時ファイルを削除できるようになりました。
  • ClayTubesConstantブラシが追加。モーフターゲットが適用されている場合、表面から一定の深さでブラシ操作が行なえます。
  • ポリグループのアウトラインが付いたBrush3Dテンプレートプロジェクトが追加されました。これにより、VDMの準備がより簡単になりました。

●アップデート

IMM Viewer(IMMセレクター)

  • アイテムを挿入したり削除した場合に、IMMViewerが即座に内容を更新するように修正
  • 環境設定でIMM Viewerのオン/オフを切り替えるとすぐに反映されるように修正
  • IMM Viewer設定がUIコンフィグに保存されるよう変更

ブラシ関連

  • 旧バージョンで作成したブラシを読み込むと【ブラシメニュー >>  アルファとテクスチャ設定 >> “アダプティブ マップ サイズ”(Adaptive Map size)】がゼロ”0″で読み込まれ、4R8で利用できるように変更
  • ClayTubesブラシが旧バージョンと同じように使用できるように高速サンプル(FastSample)が標準になりました。
  • Shiftキーを押下(スムースモードに)してからストロークする場合、新しく搭載されたシフトライン機能(Shift-Line)が無効となるように変更

Z Modeler

  • エッジアクションの”挿入”(insert)の標準設定が、複数エッジループ(Multiple Edge loops)ではなく、単一エッジループ(Single Edge Loop)に変更

ユーザーインターフェース(UI)

  • カスタムパレットを自由に削除できるようになり、UIにもすぐに反映されるように修正
  • ボタンサイズが最大”120″までセットできるようになりました。これにより、大きなテキストやボタンの表示、高解像度ディスプレイにも最適化可能です。
  • Mac OS X上でフォントが見やすく修正。

GoZ

  • “表示”(Visible)状態のサブツールが正常に転送先アプリケーションに転送されるように修正

プラグイン(Plugins)

  • 3Dプリントハブ(3D Print Hub)でVRMLを書き出す際、テクスチャーも書き出すように変更
  • 3Dプリントハブ(3D Print Hub)は”Preform”への対応および、表示状態の全てのサブツールをきちんと送れるように改善
  • 統合されたUVをFBX形式で書き出せるように改善

その他

  • ユニオンメッシュ作成(Make Union Mesh)がMac OSX 10.9(Mavericks)をサポート
  • 旧バージョン互換のため、タイムライン(Timeline)のサブツールトラック(Subtool-Track)が標準で無効化
  • トランスポーズライン(Transpose Line)の右クリックインフレート(膨張)が取り除かれました。(この機能は将来的にデフォーマーに置き換えられます。)
※これらの機能は総合的に重要な更新内容となります。上記以外にも細かく修正や更新が含まれています。

ZBrush 4R8に関する詳細はこちら

ZBrush 4R7以前のバージョンからアップグレードを行う場合は、Pixologic DownloadCenterへアクセスし、手順に従い最新版をダウンロードしてください。フルインストーラーがダウンロードできます。

ZBrush 4のシリアルをまだお持ちでない方(ZBrush 1 ~3.xユーザー)はPixologic SupportへSubmit A Ticket経由で最新版シリアルの発行を申請してください。

【ZBrush 4R8をすでにインストールしている方】は、ZBrush4R8のインストールフォルダに保存されている”ZUpgrader”を実行することで4R8から4R8P1へアップデートすることができます。

ZUpgraderでアップデートに失敗する場合は、ZBrush 4R8を一旦アンインストールを行ってからPixologic DownloadCenterへアクセスし、ZBrush 4R8 P1インストーラーをダウンロードして新規インストールを行ってください。その場合はZBrush 4R8 P1インストール後に再度ZBrushのアクティベーションが必要です。

 

Pixologic オフィシャル WEBINERシリーズ 【ZModeler】Recap ビデオが公開されました!

Webinar Banner 1

Pixologicオフィシャルページ”ZBrush Central”でWEBINERシリーズ【ZModeler】のRecapビデオが公開されました。
本動画の前半ではZModelerの基本的な操作と使い方を解説し、後半では上記画像のモデルのワークフローを紹介しています。

”ZModeler”はローポリモデルやベースメッシュの作成、ハードサーフェスモデリングなどで幅広く活用出来る機能です。 ZModelerを知っていた人も知らなかった人もこの動画をみてより深くZBrushの機能をご堪能ください。

WEBINERシリーズの第二弾:【Array Mesh】が4月27日に公開予定です。
(アメリカ時間 4月27日/12:00PMより開始 /日本時間だと28日の5:00AM)
予め登録しておくことでリアルタイムにWebinerに参加できます。(英語)
ご興味のある方はこちらからどうぞ

ZBrush 4R7 ユーティリティ: “Store Transpose” プラグイン

Marcus氏が “Store Transpose” プラグインをリリースしました。[ZBCスレッド]

純粋に トランスポーズラインの位置を8ヶ所まで記憶するプラグインです。
位置はオブジェクトのローカル座標で3次元的に記録されるのでカメラを回転しても大丈夫。

インストールは ZStartup/ZPlugs64フォルダ(64bit版)、もしくは ZStartup/ZPlugsフォルダ (32bit版)にStoreTranspose.zscをコピーしてください。

Transformパレット >> “Store Transpose”サブパレットとしてアクセスできます。

StoreTrans

ZBrush 4R7 TARGA(TGA) フォーマット読み込みプラグイン

ZBCでTARGA(TGA)形式のテクスチャーマップを読み込むプラグインが公開されています。
TGA形式を良く使われている方には便利です。
http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?193793#post1140481

インストール方法:
1. 上記スレッドからプラグインのZIPファイルをダウンロードします。
2. ZIPを適当なフォルダに展開してください。”ImportTGA.zsc”ファイル1つが生成されます。
3. この”ImportTGA.zsc”を、Windows版では ZBrush 4R7\ZStartup\ZPlugsフォルダへ、Mac版では ZBrushOSX 4R7/ZStartup/ZPlugs フォルダへコピーしてください。これで 32bit版ZBrush 4R7でTGAプラグインが利用できます。
4. 同じく”ImportTGA.zsc”を、Windows版では ZBrush 4R7\ZStartup\ZPlugs64フォルダへ、Mac版では ZBrushOSX 4R7/ZStartup/ZPlugs64フォルダへコピーしてください。これで 64bit版ZBrush 4R7でTGAプラグインが利用できます。
5. ZBrush 4R7を起動し、Textureパレット >> Import TGA からTGA形式のファイルを読み込みできます。

tga

加えて ZCrassRoom にZmodelerのチュートリアルビデオが73個追加されています。ぜひチェックしてみてください。

ZClassroom

PLYフォーマット読み書きプラグイン for ZBrush 4R7

plyimportexport

PixologicのMarcus氏が PLYフォーマットの読み/書きプラグインをリリースしました。
ZBCのこちらのスレッドからダウンロードできます。

—-リリースノート—–

このプラグインは単純にPLYフォーマットの読み込み/書き出しを行うプラグインです。現在はPLYのメッシュデータのみをサポートしています。(ポイントクラウドデータの読み書きを将来加えるかもしれません)
なおメッシュの頂点カラー(ポリペイント)もサポートしています。

インストール方法:

1. ZBCのこちらのスレッドからプラグインのZIPファイルをダウンロードします。

2. ZIPを適当なフォルダに展開してください。”PLYformat_4R7.zsc”ファイル1つと、”PLYformatData”フォルダが生成されます。

3. この”PLYformat_4R7.zsc”ファイル1つと、”PLYformatData”フォルダ[中身含む]を、Windows版では ZBrush 4R7\ZStartup\ZPlugsフォルダへ、Mac版では ZBrushOSX 4R7/ZStartup/ZPlugs フォルダへコピーしてください。これで 32bit版ZBrush 4R7でPLYプラグインが利用できます。

4. 同じく”PLYformat_4R7.zsc”ファイル1つと、”PLYformatData”フォルダ[中身含む]を、Windows版では ZBrush 4R7\ZStartup\ZPlugs64フォルダへ、Mac版では ZBrushOSX 4R7/ZStartup/ZPlugs64フォルダへコピーしてください。これで 64bit版ZBrush 4R7でPLYプラグインが利用できます。

5. ZBrush 4R7を起動し、Zplugin >> PLY format からプラグインへアクセスできます。

PLY

設定:
Exportボタンを押すと現在選択されているSubToolをPLY形式で出力します。bin(バイナリ)オプションを無効にするとASCII形式のPLYでファイルを出力します。なおポリペイント情報をPLYに出力する場合 Tool >> PolyPaint >> Colorizeが予め有効になっている事を確認してください。

Importボタンを押すと PLY形式のファイルを読み込む事ができます。頂点カラー情報が含まれる場合ポリペイントとして読み込まれます。

———-

PLYと言えば、“The Stanford 3D Scanning Repository” ですね。

lucy

Pixologic ZBrush Summit 2014 オフィシャル ReCapビデオ 1~2 + Vance Kovacs氏プレゼン

Pixologic ZBrush Summit 2014のオフィシャル ReCapビデオ 1~2とVance Kovacs氏プレゼンテーションビデオが公開されました。
Disney, Marvel, 3D Systems Gentle Giant, Ubisoft, Legacy Effects, Hasbro,など、豪華なメンバーのZBrush活用プレゼンテーションを見る事ができます。

ZBrush 4R6 : MODO 801/701 に GOZをインストールする手順

MODO 801/701 に GOZをインストールする手順

ZBrush 4R6のGoZ MODOは公式では401,501,601までしか対応していませんが、以下の手順で 701/801でも利用できます。

1. MODO 801/701 は予め終了してください。

2. ZBrush を起動し Preference >> GoZ >> path to Modo ボタンを押します。初めてGoZを使う場合は自動的にOSにインストールされているMODOの実行ファイルが検索されて表示されますので、使いたいバージョンのMODO実行ファイルを選択します。過去バージョンでGOZをセットアップした後、新しいMODOをインストールした場合は検索には表示されないので、Browseボタンを押して手動で使用したいMODOの実行ファイル(.exe)を選択してください。

3. GoZプラグインのインストールを尋ねられますのでインストールしてください。(Windows 7以降ではZBrushを管理者権限で起動していないと正しくコピーされない事があります。)もし聞かれない場合は Preference >> GoZ >> Force Reinstll ボタンから強制インストールできます。

4. MODO 801/701 を起動します。システム >> フォーム編集ウィンドウを表示してグループ >> Pixologic >> GoZ を掴んで、グループ >> (出力済み) >> modo モード の “作業平面”の後ろあたりにドラッグ&ドロップします。以上でMODO 801/701にGoZアイコンが表示されます。

5. MODOからZBrush に送信するにはこのGoZボタンを押すだけです。

6. ZBrushからMODOに送信するには、Toolパレットの GoZボタンの右側にある [R] ボタンを押して送信対象をMODOにセットします。(currentが現在の送信対象)

7. 後は GoZボタンを押すだけです。

参考になりましたら幸いです。

WAR THUNDER 3Dスキャンの記事紹介 (PhotoScan, ZBrush)

超高品質の3Dスキャニングサービスを提供しているTEN 24スタジオ“WAR THUNDER”での3Dスキャンワークを公開しました

http://www.ten24.info/?page_id=1622

TEN 24スタジオでは 80台のデジタル一眼レフで撮影リグを組み PhotoScan で3Dメッシュに再構築しています。リトポロジーとメッシュの加工には ZBrush を使用しています。

複数台を使った撮影リグを組み、シンクロ撮影する事でアクターの一瞬の動きや表情をキャプチャする事ができます。(撮影時間は一瞬です。)
なお、このキャラクタースキャンはPhotoScan スタンダード版で可能な作業です。

ZBrush : Naughty Dog社最新ゲーム「The Last of Us」のキャラクタースカルプトワークがZBrushCentralで公開

Naughty Dog社最新ゲーム「The Last of Us」のキャラクタースカルプトワークがZBrushCentralで公開されています。

大ヒットゲームの詳細なディテールワークを見る事ができるのは滅多に無いので必見です。
ZBrushを使って驚くべきディテールでスカルプトされているのが判ります。
キャラクターのフィギュアもZBrushのスカルプトデータから3Dプリントされているのも見る事ができます。

Michael Knowland – リードキャラクターアーティストはこう語っています。
「私は最初、皮膚のディテールの為に大量のAlphaを用意してスカルプトしていました。しかしZBrushのスタンダードブラシ(スプレーのストローク)とデフォルトのAlphaだけで十分なディテールを表現できる事を発見しました!」

ZBrushCentralのリンクはこちら

こちらはゲームのトレイラー

ZBrush Centralユーザー作品紹介: 映画「シュガー・ラッシュ」のスカルプトワーク

ZBrush Centralに、Disney Animation Studio社のご好意により映画「シュガー・ラッシュ」(米題:Wreck-It Ralph)でのスカルプトワークが掲載されました。

Disney Animation Studioではメインキャラクターのデザイン・スカルプトからファイナルモデルの制作まで全て ZBrush を使用して制作しているそうで、ZBrushをデザイン・パイプラインに置く事でデパートメント全体でのリクエストに臨機応変に対応できたそうです。

一見シンプルなキャラクターながら実際には複雑なディテールを持っており、微妙なカーブの強弱や輪郭表現に最大限の注意を払ってスカルプトしている事がコメントされています。

スカルプト・アーティスト: Zack Petroc氏、Dylan Ekren氏、Ryan Tottle氏、Stefano Dubay氏、Suzan Kim氏、Chad Stubblefield氏 の絶妙なスカルプトワークをぜひご覧ください。

詳細はZBrush Centralへ

1 2 3