ZBrush 4R8 – 起動時のエラーについて

MSVCR120.dllが見つからない❢


このエラーはWindowsに必要なVisualC++ランタイムがインストールされていない場合に発生します。

ZBrush 4R8をインストールしたフォルダ内にトラブルシューティング用としてランタイムが同梱されていますので、そちらを全てインストールすることで起動できるようになります。 Windowsでの標準インストール先フォルダ内、TroubleShoot Helpフォルダを開き、画像のランタイムをインストールしてください。インストール後はパソコンを再起動してからZBrushを起動してください。

C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 4R8\Troubleshoot Help

※:2008と2010ではことなるランタイムがインストールされますので、それぞれのインストールが必要です。
※:「新しいバージョンが検出されました」という表示が出たら、”そのインストーラー”のインストールは中断していただいてかまいません。次のインストーラーのインストールを行ってください。

SCRIPT: Sculpteo.txtが見つからない!


scupteoスクリプトは下記フォルダを参照しますが、このフォルダ/ファイルが見つからない場合に画像のエラーが発生することがあります。

C:\Users\Public\Documents\ZBrushData\ZPluginData\
上記フォルダ内に
●”SculpteoData”フォルダを作成し、そのフォルダ内に更に”Mesh”フォルダと”folder.TXT”ファイル(中身は空で可)を作成
これらのフォルダとファイルを作成してからZBrushを”右クリックメニュー”の【管理者として実行】から起動してみてください。

● その他、ZBrush 4R8 – アクティベーションコードが入力できないエラーの解決方法 も参照ください