ブログ

V-Ray Next for Houdini “BETA2” がリリース。もうすぐ発売!

Chaos Groupは V-Ray Next for Houduniの「ベータ2」を提供開始しました。

「ベ-タ2」 ではSideFX社の最新ビジュアルエフェクトソフトウェアである “Houdini 17 Banshee” との完全な互換性を含め、多くの新機能が追加されています。

Chaos Groupは、この新しいベータ版をリリースできた事に興奮しており、ユーザはV-Ray for Houdiniの可能性を発見することができます。Chaos Groupでは世界中から多くのベータテスターの意見を取り入れ、製品のブラッシュアップに努めています。

ベータ2の新機能

Houdini 17 Bansheeサポート

V-Ray Houdiniは最新のHoudini 17 Bansheeリリースを完全にサポートしています。

IPRにおけるAI Denoiser

GPUで高速化されたNVIDIA AI Denoiserが、V-Ray IPRを使用したビューポート上のインタラクティブなレンダリングに適用されます。これによりノイズの無い高速なインタラクティブ・プレビューが可能です

GPUマテリアルの割り当て

Houdiniのプリミティブ毎のマテリアル・アサインがGPUでサポートされ、アーティストはStylesheetsとMaterial SOPを利用できます。

GPUバケットレンダリング

バケットレンダリングは、マルチGPU環境でより効率の良いパフォーマンスとCryptomatteレンダーエレメント出力をサポートします。

Light Selectエレメントのサポート

任意のライトまたはライトのグループを別々のレンダーエレメントとしてレンダリングし、ポスト処理にて正確なライティングのミキシングを行う事ができます。

ベイクをサポート

ゲームアセットとリアルタイム環境用に、V-Rayのライティングとテクスチャ設定をビットマップにベイク出力できます。

ノードベースのV-Rayシーンマテリアルのオーバーライド

V-Ray シーンファイル(vrscene)から、テクスチャやユーティリティノードを含む、完全に調整可能なマテリアルノード階層を自動的に再作成し、Houdini内で編集する事ができます。

カスタムアトリビュートの統合ワークフロー

オブジェクト側にパラメーター設定(カスタムアトリビュート)を持たせる事で、単一のテクスチャノードを使用して、スプラインやパーティクルなど、あらゆるタイプのジオメトリのカスタム属性を制御する事ができます。

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部へ戻る