Phoenix FD for 3dsMax Phoenix FD for Maya

ChaosGroup Phoenix FD 3.11 for Maya, 3dsMax アップデートをリリース。V-Ray Next に対応

ChaosGroupは Phoenix FD for 3ds Max および Maya の最新バージョン "3.11.00" をリリースいたしました。 既存Phoenix FD 3 ユーザー様は無償でアップデートいただけます。今すぐChaosGroupよりダウンロード。

※ 3dsMax版は 「V-Ray Next(4.0)用インストーラー」「V-Ray 3.0用インストーラー」「ScanLine (V-Ray無しユーザー向け)インストーラー」の3つのプログラムがダウンロードできます。ご注意ください。

Phoenix FD 3.11.00 Maya/3dsMax の主な変更点

  • V-Ray Next に対応 (3ds Max版)
  • 3ds Max 2019 をサポート(3ds Max版)
  • 泡、飛沫、ミストパーティクルでRGBチャンネルシミュレーションに対応
  • Age、Velocity、RGBなどのパーティクルチャンネル情報に基づいてParticle Textureに色付けをサポート
  • ダウンサンプリング無しに巨大なスパース[希薄]なOpenVDBキャッシュを直接ロードする事ができます
  • Phoenix Light Cacheを使用してBubble, Cellular, Splashモードのレンダリングが最大2倍にスピードアップ
  • 複雑もしくは移動するジオメトリに対するBody Forceおよびディスプレイスメントフェードをスピードアップ
  • 複雑もしくは移動するジオメトリへの衝突計算をスピードアップ

そのほか改良点、不具合の修正多数。日本語によるリリースノートは、株式会社オークの Phoenix FD for 3ds Max と Phoenix FD for Maya サポートページ内のリリースノートを参照してください。(要ログイン。アドレスは購入時の納品メールに記載しております)

また本日よりV-Ray Next 3dsMax + Phoenix FD 3 (Next対応)のバンドルが発売開始されました。
お得なバンドルとなっていますのでぜひご検討ください。

  • 新規向け: V-Ray Next for 3ds Max Workstation + Phoenix FD 3 for 3ds Max Workstation バンドル
    \171,500(税別)/\185,220(税込)