ブログ

[3ds Max] V-Ray 3dsMax 次期サービスアップデートの内容(仮)

v-ray_3

ChaosGroupフォーラムにてV-Ray3dsMaxの次期サービスアップデート(V-Ray 3.50)の内容が公表されました。[Source]

なお以下は確定事項ではなく、変更される事があります。予めご了承ください。

*) VRayMtlにて”Glossy Fresnel”をサポート。(フレネルがBRDFの一部として計算されます)
*) VRayAlSurfaceMtl マテリアル同梱
*) インタラクティブ・プロダクション・レンダリング (IPR) 機能 ※VRayRTを使わない完全なCPUベースのインタラクティブレンダリング
*) レンズエフェクト機能のGPUアクセラレーション対応
*) レンズエフェクト機能の改善(ObjectID,MaterialIDマスクの正常動作およびDenoiserをサポート)
*) Denoiserのレンダーエレメント対応
*) VRay RTのレンダリング結果をVRデバイスに直接出力 (Oculus Rift および HTC Viveをサポート)
*) ファイルからレンダリングの再開(レジューム)に対応
*) 多コアマシンにて 30% のスピードアップ
*) VRayMultiSubTexがユーザープロパティを使ったテクスチャーのスイッチングに対応
*) MDLマテリアルをサポート(初期実装)
*) V-Ray GPUのサポート項目追加 (Rectangle/discライトのdirectionalサポート, stochastic flakes サポート, VRAM消費量の削減その他)
*) 反射/屈折のトレース深度カットオフをそれぞれ個別の方法で考慮

その他細々な改善が含まれる予定です。

なお 3.50 は11月にパブリックベータを行い、12月に正式リリースが予定されています。

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部へ戻る