Agisoft PhotoScan

PhotoScan 1.2.0 のプレビュー版がリリース 航空写真からのデータ生成機能が強化

photoscan120 Agisoft社はPhotoScan 1.2.0 のプレビュー版を公開しました。 (プレビュー版は既存のライセンスで利用できます。) 今回リリースはプレビュー(テスト版)です。ダウンロードはAgisoft社のフォーラム内の該当スレッドより行えます。 (弊社PhotoScanサポートサイト内のリリースノートではリンクしております。) ===== Version 1.2.0 build 2126 (06 August 2015, previewrelease) ===== Standard および Professional 共通の変更点
  • バッチ処理内容を保存
  • 読み込みする事ができます。
  • バッチ処理に "プロジェクトの読み込み"、"カメラの出力"、"穴を塞ぐ"、"範囲をリセット" コマンドを追加
  • フォトビューにイメージの明るさ調整とビューのリセットボタンを追加
  • モデルにスムージングを加えるコマンドを追加(Smooth mesh)
  • イメージが現在のPathで正しく読み込まれているかをチェックするコマンドを追加
  • PhotoペーンでPhoto(カメラ)の選択を反転コマンドを追加
  • Photoペーンでマスクをリセットするコマンドを追加
  • Linux版で保存ダイアログに拡張子メニューを追加
  • コンソールペーンにタイムスタンプを追加
  • Workspaceペーンに tie points の数、depth filteringのモードを表示します
  • e57フォーマットでポイントを出力する際にunicodeファイルパスに正しく出力されない問題を修正
  • カラーに基づいた高密度ポイントクラウド選択コマンドを追加
  • camera の export/importにて RZML フォーマットを追加
  • マスクの読み込みダイアログに"演算(operation)"オプションを追加。マスクを"加算"、"減算"、"差分"、"置き換え"する事ができます。
  • モデルビューにグリッドを表示する事ができます。
  • パノラマ出力に解像度と出力範囲を指定するパラメーターを追加
  • チャンクのコンテキストメニューに"サムネイルを削除"コマンドを追加
  • Veroldへのアップロード機能を削除
Professional 版のみの変更点 航空写真ワークフローの改善
    • "Build DEM"、"Build Orthomosaic"コマンドを追加。DEMデータの表示および等高線を生成できます。
    • "Build Tiled Model"コマンドを追加。生成したタイルモデルを表示し確認も可能です。
    • DEMに基づいたオルソフォトを生成できます。
    • 高密度ポイントクラウドからのDEM生成をサポート
    • 新しいPhotoScanのプロジェクトフォーマット .PSX を追加。この新しいプロジェクトフォーマットではタイル化モデルとDEM、オルソフォトを格納できます。
DEMデータの表示と等高線の生成
DEMデータの表示と等高線の生成
オルソフォト(オルソモザイク)の繋ぎ目編集
    • オルソフォト(オルソモザイク)のシームを表示・編集できるようになりました。
120_03
オルソモザイクの表示とシームラインの表示
ラスターデータの演算
    • NDVIやその他のインデックス計算と出力をサポート
ラスタデータの演算機能
ラスタデータの演算機能
新しい測量機能
  • DEMおよびオルソモザイク上で折れ曲がる線、および多角形を描く事ができます。
  • DEMに基づいた、区域、ボリューム、プロファイル測定ができます。
  • 等高線の生成と出力をサポート
ネットワーク計算の改良
  • 詳細レベル分散処理にDEMおよびオルソモザイク生成を追加
  • ネットワークモード時のエラーレポートを改良
  • ノードプロパティのサポート
  • ステータスバーにネットワーク接続の状況を表示します。
レポート作成における改良
  • レポートのローカライズをサポート
  • タイトルと説明を追記する項目を追加
  • 処理パラメーターのレポートページを追加
その他の改良
  • 鉛直基準面(vertical datums) サポートを追加
  • 円柱状のキャリブレーションをサポート
  • 向きの推定で使用されるカメラ補正を改良
  • カメラ、マーカー、スケールバーの精度を個々に変更する機能を追加
  • オルソモザイクの出力で、Google Map tile、World Wind、MBTilesフォーマットをサポート
  • オルソモザイクをMapBoxサービスへの直接アップロードする機能を追加
  • オルソモザイクおよびDEM出力でカスタム指定の領域を出力する機能を追加
  • オルソモザイク出力で圧縮方式に関する項目を追加
  • 現在の写真でマーカー投影を切り替えるホットキーを追加
PhotoScanの詳細はこちらへ