ChaosGroup

ChaosGroup GTC 2015 セッションの紹介

2015-03-20_143131 ChaosGroupでは V-Ray RT GPU を「映画等の映像産業で使用に耐えうる内容」にするべく拡張を進めていますが、GTC 2015でもChaosGroupはセッションを行いました。以下で見る事ができます。 http://on-demand.gputechconf.com/gtc/2015/video/S5608.html 注目としてはテクスチャーをピクセル単位でストリーミング的にGPUに送る "Pixel Streaming"法を開発。レンダリング速度が30%程遅くなりますが、その代わり事実上GPUでテクスチャーを無制限に扱えるようになったそうです。 その他 UDIM、ディスプレイスメント、SSS、Hair、ライトキャッシュ、テクスチャーベイク、クラウドレンダリング、レイトレースアクセラレーション、CPUでCUDAコードデバック、nVidia社からQMC sampleのライセンス等着々と改良が進んでいる様子です。