ブログ

V-Ray 2.0 for 3dsMax 2.50.01 アップデート [3ds Max プラグイン]


ChaosGroupは V-Ray 2.x for 3dsMaxの最新バージョン「V-Ray 2.50.01 for 3dsMax」をリリースしました。
3dsMax 2015をサポートしました。

V-Ray 2.x for 3dsMaxユーザー様は今直ぐダウンロードしてご利用いただけます。ダウンロードはChaosGroupのアカウントよりお願いいたします。

Build 2.50.01 (official) (14 May 2014)
==============

新機能:
(*) 3ds Max 2015 をサポート
(*) VRayProxy: Alembic 1.5 をサポート

改善された機能:
(*) VRayMultiSubTex: サブテクスチャーのAlphaを保持するオプションを追加
(*) VRayProxy: “Animation offset” パラメーターをアニメート可能になりました

不具合の修正:
(*) RPManager使用時にV-Rayのライセンスが失われる問題
(*) V-Ray RT: “SettingsCurrentFrame”パラメーターが .vrscene ファイルに出力されない問題
(*) V-Ray RT GPU: 静的ジオメトリ(static geometry)のレンダリングでクラッシュする問題
(*) VRayCarPaintMtl and VRayFlakeMtl: 3ds Max 2013以降で誤ったマテリアル名でログメッセージが出力される問題
(*) VRayDisplacementMod: アニメートしたノイズテクスチャーと組み合わせるとレンダリングが非常に遅くなる問題
(*) VRayDistanceTex: MaxScriptからVRayDistanceTexのパラメーター(”tex_inside_separate_on:true”)を設定するとシステム例外を引き起こす問題
(*) VRayExtraTex: VRayExtraTexレンダエレメントを複製した場合に含む/除外リストが正しく複製されない問題
(*) VRayIES: 稀にVRayIESを含むシーンを読み込むとクラッシュする問題
(*) VRayIES: 3dsMaxリセット後に3DスナップモードでVRayIESライトを作成するとクラッシュする問題
(*) VRaySphereFade: MaxScript経由でギズモオブジェクトのリストを編集できない問題
(*) VRayToon: MaxScript経由で含む/除外リストを編集できない問題
(*) VRayLightMtl: DirectIllumination と CompensateExposure を有効にするとランダムなライティングが発生する問題
(*) 3dsMax 2013以降でV-Rayログに見つからないテクスチャーのエラーメッセージが正しく出力されない問題
(*) 3dsMax起動時に max stdio ファイルの最大ハンドル値を増加 (2048)
(*) いくつかのベイクエレメントが他のプラグインと重複するクラス名を持っている問題
(*) V-Ray caustics Auto save オプションが間違ってMaxScript内でcasutics_autoSaveと命名されていた問題
(*) vrscneエクスポーターがSSS2マテリアルをサポートしていない問題

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31  
ページ上部へ戻る