ブログ

V-Ray 3.0 for 3dsMax 3.00.04 アップデート

ChaosGroupは V-Ray 3.0 for 3dsMax をアップデートしました。ビルドバージョンは 3.00.04 です。
主に不具合の修正です。ユーザー様はChaosGroupのアカウントから今すぐダウンロードいただけます。

Build 3.00.04 (official) (3 March 2014)
==============
改良された機能:
(*) VFB: レンズエフェクトのスライダー位置をマウスクリックでセットできるようになりました。

不具合の修正:
(*) 特定のケースで、GIパスの延長によりバケットがスタックする問題
(*) ダイナミックジオメトリとスタティックジオメトリを混在してモーションブラーを計算する場合、バケットがスタックする問題
(*) 非常に大きな平面にディスプレイスメントマップ(ノイズテクスチャー)を適用すると非数値ピクセルが発生する問題
(*) バンプテクスチャーが非数値法線を返し、非数値ピクセルが発生する問題
(*) DLLのバージョンナンバーを更新
(*) 高速回転するオブジェクトに対するモーションブラーサンプリング(レイキャスティングアクセラレータ)を改善
(*) まれに大量のメッシュライトを使用したシーンでクラッシュする問題
(*) VRayOrnatrixMod および VRayHairFarmMod: モーションブラー有り/無しでダイナミック・テセレーションの結果が異なる問題
(*) VRayPhysicalCamera:LENSファイルがDR時に転送されない問題
(*) VFB: 8bitのイメージを読み込むとネガティブガンマが適用される問題
(*) VFB: カラーバンランスおよびHSL補正が sRGBのような表示補正の後に適用される問題
(*) VFB: レンダリングイメージに非数値ピクセルが含まれる場合、カーブカラー補正を適用するとクラッシュする問題
(*) VFB: HDRカラーに対してカラーバランス補正を適用すると奇妙な結果を返す問題
(*) VFB: 特定条件でDeepを出力するとクラッシュする問題
(*) VFB: グローバルプリセットから sRGB/ICCボタンの状態が読み込まれない問題
(*) VFB: 3dsMaxをリセット後にイメージを読み込むとクラッシュを引き起こす問題
(*) VFB: ModeとTypeの設定を変更するとレンズ効果が2重に適用される問題
(*) VFB: VFBヒストリーから読み込んだイメージにレンズ効果が適用されない問題
(*) VRayHairMtl: マテリアルエディタ上で無駄にカットオフされていた問題
(*) Render mask: マルチスレッド環境下での動作をさらに改善
(*) Render mask: GIパスのプレビューがレンダーマスクの境界にアーティファクトを発生させていた問題
(*) VRayClipper: リンクされたオブジェクトを使用すると予期しない結果を返す問題
(*) VRayMap: 環境マップの上書きにテクスチャーをセットするとアーティファクトが発生する問題
(*) V-Ray RT CPU: フレームを変更してもPhoenix FDの mesherモードが更新されない問題
(*) V-Ray RT CPU: 3Dステレオモードが正しく動作しない問題
(*) V-Ray RT GPU: GLSLマテリアルを持ったオブジェクトをレンダリングするとクラッシュする問題
(*) V-Ray RT GPU: バンプマップとフレネル反射の組み合わせで正しくない結果を返す問題
(*) V-Ray RT GPU: タイル化したテクスチャーをバンプマップに使用すると正しくない結果を返す問題

V-Ray 3.0 for 3dsMaxの詳細はこちらへ

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部へ戻る