ブログ

ショートムービー “Construct”のメイキング [V-Ray RTを使用]

ChaosGroupはGTC 2014で公開された Kevin Margo氏(Blur Studio)らによる
ショートフィルムのメイキング映像を公開しました。

モーションキャプチャシステム(MotionBuilder)の出力をV-Ray RTで処理する事により、
リアルタイムにフィジカルベースのライティング、シェーディングをプレビューしています。

(V-Ray RTは様々なアプリケーションに組み込み可能になっています。ぜひご相談ください!)

マシンスペックは
3D BOXX GPU Edition with NVIDIA K6000 + 2X K40s
バーチャルカメラのシステム
Optitrack Insight VCS Virtual Camera System

Construct GTC ティザー
ファイナルレンダリングにも V-Ray RT GPUを使用しています。

1. V-Ray RT GPU 3.0 for 3ds Maxを使ってレンダリング
2. ハードウェアは NVIDIA K6000s and K40s on 3DBOXX 4920 GPU Edition
3. 平均的なGPUメモリの消費量は 6-7GB
4. 平均的なフレームレンダリング時間は 5-10分。DOF/モーションブラーも同時に計算(ポストでは無い)

関連記事

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ページ上部へ戻る