ブログ

FumeFX 6.0 パブリックベータが開始

FumeFX 6.0 パブリックベータが開始

Sitni Sati社は FumeFX 6 for 3ds Maxのパブリックベータを開始する事をアナウンス致しました [Source]

FumeFX 6 は、FumeFX史上最もエキサイティングなリリースになろうとしています! FumeFX 6 では、パーティクルシステム、ロープ、リジッド ボディ ダイナミクス、クロス、ソフトボディダイナミクス、ボクセルグリッド操作、FumeFX シミュレーションとインタラクションへのノードベースのアクセス、Arnold レンダラーとの広範な統合を含む、まったく新しいノードベースのプロシージャル システムを構築しました。ポイントレンダリング、Arnoldカーブを介したスプラインの手続き型レンダリング、ジオメトリインスタンス、ボリューム、カスタム チャネル、ISurf (パーティクルメッシャーオブジェクト)等をサポートしています。 130を超えるすぐに使用できるノードにより、アーティストは FumeFX パッケージだけでこれまで以上に効率的に素晴らしい視覚効果を直接作成できます。

FumFX 6 ベータ版は 2022年 12 月 31 日まで有効な、完全に機能する無料の商用ライセンスとして利用できます。
FumFX 6 ベータ版は、学習目的、非営利プロジェクト、または主要なブロックバスター系映画プロジェクト等大規模スタジオで、このベータ版を期間中無料で使用できます。お気軽に試してSitni Satiのサポートフォーラムで不具合や要望を共有してください。

Sitni Sati 社フォーラムアカウントを登録して FumeFX 6.0 パブリック ベータ フォーラムから無料の FumeFX 6 ライセンスを取得してください。
FumeFX 6 ドキュメント[英語]はこちらから参照できます。

※FumeFX 6 の発売は2023年初頭です。また価格は現在まだアナウンスされておりません。Sitni Sati社のアナウンスをお待ちください。

FumeFX 6 ノードネットワークのイントロダクション[英語]

 

関連記事

ページ上部へ戻る