Fume FX

FumeFX [Maya] 3.5.1 アップデート

Sitni Sati社は FumeFX [Maya] 3.5.1 アップデートを提供開始しました。 ユーザー様は弊社サポートサイトから今直ぐダウンロードいただけます。 New in 3.5.1 新機能: - ソースおよびエフェクターの適用順エディタを追加 - イルミネーションマップのキャッシングをサポート - Field3D サポートを追加 - マルチプル・スキャッタリングをマルチスレッド化し、計算が大幅に高速化しました。 不具合の修正: - ソースおよび衝突オブイジェクトがランダムにフレームをスキップしてしまう問題 - デフォルトのライトリンクを残して保存されたシーンでライトリングが無視されてしまう問題 - カーブの範囲外で mr shader がクラッシュする問題 - FumeFXプラグインを UnLoad すると時々Mayaのクラッシュを引き起こす問題 - センチメートル以外の単位設定にするとmental rayで正しくレンダリングできない問題 - FumeFX ソース および Void の不具合 - 時々シミュレーションの継続が機能しない問題 - 複数のグリッドがあるシーンのレンダリング不具合 - いくつかのPerParticleチャンネルがparticle emitterおよびparticle followから利用可能ではありませんでした。 - プレビューウィンドウのMultiViewで発生していた不具合 - .png ファイルで"Play preview"機能が適切に働かない問題 - 特定条件で Make Previewから誤った解像度で出力される問題 - GPUプレビューウィンドウが MayaのOpenGLコンテキストメニューに干渉する問題 - マイナスフレームのキャッシング問題 - ソースと衝突オブジェクトの関連付けがShapeノードでもできるようになりました。 - 非デフォルトシミュレーションで velocities を出力できない問題 - ffxTurbulanceShaderノードのユニークなナンバーリング不具合 - mental rayボリュームレンダリングの不透明度(opacity)に関する不具合 FumeFX [maya] の製品案内はこちらへ