ブログ

V-Ray 6 for 3ds Max, Hoftix 2 [Build 6.00.08]がリリース

V-Ray 6 for 3ds Max, Hoftix 2 [Build 6.00.08]がリリース

 

Chaos社は V-Ray 6 for 3ds Max の Hotfix 2 (Build 6.00.08)をリリース致しました。
ユーザー様はChaosのダウンロードページよりインストーラーをダウンロード頂けます。

V-Ray 6 for 3dsMax, Build 6.00.08 [Hotfix 2] の更新点

改良

  • V-Ray : VRayBitmapのUIをQT化
  • VRayBlendMtl,VRaySwitchMtl: ネイティブの3ds Maxマテリアルを使用し、可能な限りQtボタンをマップします。

不具合の修正

  • V-Ray:ForestPackシーンをIPRレンダリングするとクラッシュする問題
  • V-Ray:VRayBitmapのビットマップスロットにイメージファイルをドラッグ&ドロップが機能しない問題
  • V-Ray:Refractionカラーが”白”でない場合、SSS トランスルーセントを使用すると黒く表示される問題V-Ray:QTベースのUIでショートマップのクリアボタンのUndoが機能しない問題
  • V-Ray:volumetricモードで 3ds Max モディファイヤをPhoenix グリッド/VRay volume gridに適用すると、レンダリングできなくなる問題
  • V-Ray, VRayEnmesh:VRayEnmeshはVRayTriplanarTexを誤った結果で出力する問題
  • VRayEnmesh:VRayEnmeshModオブジェクトをライトから除外するとクラッシュする問題
  • VRayInstancer:V-Ray IPR実行中に Chaos Scatterの作成を中止するとクラッシュする問題
  • VRayLight:VRayScatterVolume マテリアルとAdaptive domeでアーティファクトが発生する問題
  • VRayMtl:V-Ray 6では黒のフォグカラーを使用するとOpacityで黒くレンダリングされる問題
  • VRayMtl:OpacityとFog Colorを使用したVRayMtlで不適切なレンダリング結果が発生する問題

V-Ray for 3dsMaxの製品案内はこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る