ブログ

V-Ray 5 for SketchUp&Rhino のUpdate2.4がリリース

Chaos社は V-Ray 5 for SketchUpRhino Update2.4(5.20.05) リリース致しました。

Update2.4にはバグの修正と改善が含まれています

V-Ray 5 ユーザー様は無償でダウンロード可能です。ダウンロードはこちらから↓

https://download.chaosgroup.com

V-Ray 5 for SketchUp Update2.4

【改良とバグの修正】

  • Chaos ライセンスサーバーがバージョン 5.5.5 にアップデートされました。
  • macOS: Intel Open Image デノイザーエンジンが最新バージョンにアップデートされ、Apple M1 デバイスで動作するようになりました。
  • macOS: Apple M1システム上でエミュレーションモードで実行するV-Rayレンダープロセスは、ネイティブモードで同時に実行するレンダープロセスとレンダーライセンスをめぐって争うことがなくなりました。これは、アセットプレビューの実行中にレンダリングを開始することを妨げる問題を解決するものです。
  • macOS: インタラクティブレンダリング中に、異なるシャドウ設定のSketchUpシーン間をジャンプしても、ハングしなくなりました。
  • SketchUp 2022 でインタラクティブレンダリング中に画像サイズを変更するとクラッシュする問題は解決されました。
  • GPU インタラクティブ レンダリング中にカメラの種類を変更するとクラッシュする問題は解決されました。
  • V-Ray がアクティブなときに SketchUp の断面を追加しても、クリッパー コンポーネント定義が不正に作成されることはなくなりました。以前のバージョンの V-Ray で保存されたシーンは、自動的に移行されませ ん。冗長なクリッパーコンポーネントを手動で削除しても、シーンのレンダリング 方法は変わりません。
  • インストーラボタンの一部が不正に無効化され、特定の状況で V-Ray のインストールができなくなる問題は解決されました。
  • Environmentテクスチャを変更すると、インタラクティブレンダリングの更新が正しく行われるようになった
  • 断面の有効/無効を切り替えると、インタラクティブなレンダリング アップデートが正しく起動するようになった
  • デカールマスクを追加すると、インタラクティブレンダリングの更新が正しく行われるようになった
  • インタラクティブレンダリング中にメッシュを作成しても、クラッシュしなくなった
  • 特定のプロジェクトにおいて、アセット エディタにアセットが入力されない問題は解決されました。
  • インタラクティブ レンダリング中に VFB レンダリング進捗メッセージが「ジオメトリのコンパイル中…」で止まらなくなることがある問題を修正
  • 特定の状況下でV-Rayが未使用のマテリアルをパージできない問題は解決されました。
  • レガシーシーンからの VFB カラー コレクションの読み込みに失敗した場合、より適切な方法で処理されるようになりました。現在の V-Ray バージョンでそのようなシーンを読み込む際、エラーメッセージが表示されなくなりました。
  • インタラクティブレンダリング中に特定の方法で作成されたV-Ray Furが、オブジェクトの表面ではなくワールドオリジンに表示されることはなくなりました。
  • OSL マテリアルおよびテクスチャに関するいくつかの問題が解決されました。このようなアセットは、現在アセット エディタから作成することができません。
  • 特定の一連のアクションを実行したとき、インストーラのインストールボタンが Configure に改名されなくなりました。
  • カスタムIESライトパワー値が使用されている場合でも、シーンへのライトミックス変更の送信が正しく行われるようになりました。
  • アンインストーラーとSketchUpで表示されるエラーメッセージの両方で、カオスの連絡先アドレスが更新されます (https://support.chaos.com/hc/en-us/requests/new)

V-Ray GPU

  • 出力画像の解像度を上げても、GPU ライトキャッシュの速度が低下することはなくなりました。
  • SSS または Volumetric 半透明のマテリアルおよびマット オプションを有効にした Wrapper マテリアルを含むシーンで V-Ray GPU がクラッシュすることがなくなりました。
  • オムニライトからソフトシャドウを投影できない問題は解決されました。
  • ディレクショナル光源からソフトシャドウが投影されないという問題が解決されました。
  • ディレクショナルライトの強度が正しくないという問題が解決されました。
  • GPU モードで 2D および 3D のテクスチャープレビュースウォッチが黒くレンダリングされることはなくなりました。

UI

  • 特定の状況下でアセットアウトライナーのマウスホイールによるスクロールができない問題は解決されました。
  • プログレッシブ レンダリング モードで minimum subdivisions qualityパラメータが正しく設定されないという問題は解決されました。
  • 他の V-Ray インテグレーションがインストールされているシステムで、AppSDK のビンパスが不正に設定されることはなくなりました。
  • VRayMtl / Refraction / Depth パラメータの不正な上限値が削除されました。
  • Cosmos Browserは、デフォルトで画面の左側に表示されるようになりました。
  • レクタンジェロライトのレガシーポータルライトオプションを無効にしても、エラーが発生しなくなった
  • マウスホバー時にドロップダウンメニューの項目がオフセットされることがあったのを修正した
  • ホストアプリケーションで名前が削除されたScatterゲストの名前をGUIDで自動的に置き換えることができるようになりました
  • Cosmosブラウザにログインする前にCosmosアセットを更新またはダウンロードしようとすると、不正なポート番号でURLが開かれることがあった。
  • 権限の不足が原因でアセットのプレビューに失敗することはなくなりました。
  • 特定の状況下でアセットプレビューに失敗する問題は解決されます。

Vision

  • フライナビゲーションモードでの移動は、デフォルトで水平方向に拘束されなくなりました。フリーフライトチェックボックスを無効にして戻ると、必要なときに拘束が有効になります。
  • シャドウの画質はデフォルトで「Medium(中)」が選択されています
  • Vsyncをデフォルトで有効にし、カメラが素早く動いたときのティアリングを防ぐことができます
  • 特定の状況下でフライナビゲーションモードのカメラがわずかにジャンプする不具合は解消されました

V-Ray 5 for Rhino Update2.4

【改良とバグの修正】

  • Rhinoの必要最小バージョンは7.15になりました。
  • Chaos ライセンスサーバーがバージョン5.5.5にアップデートされました。
  • 無効化されたファーとクリッパーオブジェクトモディファイアのビューポートプレビューが正しく無効化されるようになりました。
  • V-Rayに同梱されている3つのスタンドアロンツールへのリンクを持つ新しいメニューが実装されました – V-Ray / Tools / External. GPU Device Select、V-Ray Denoiser、VRMesh Viewerスタンドアロンアプリケーションへのショートカットが含まれています。
  • デカールウィジェットは、プロジェクターベース方向にオフセットして自動的に作成されるようになりました。これにより、作成時にデカールを他のメッシュのサーフェスにスナップしたときに、フェースの重なりによって発生するアーティファクトを回避することができます。
  • スキャッターホストオブジェクトのUVW変換の変更がスキャッターのdensity(密度)テクスチャの配置に正しく影響するようになりました。
  • オブジェクトの無関係なテクスチャーマッピングパラメータを変更しても、インタラクティブなレンダリング更新が発生しなくなった
  • density(密度)テクスチャを切り替えたときに、Scatterがゲストの配置を更新できない問題は解決されました
  • シーン内のすべてのカスタムサンライトについて、フォトンエミッションディスクが表示されるようになりました。これにより、コースティックフォトエミッションの放出に適切な半径を選択するプロセスが大幅に改善されました。
  • 現在のV-Rayプラグインバージョンを取得するスクリプトメソッドを実装
  • シーンオブジェクトを.vrsceneファイルとしてエクスポートする際に、プロジェクトの測定単位に関する情報が含まれるようになりました。
  • OSLマテリアルおよびテクスチャに関するいくつかの問題が解決されています。このようなアセットは、現在アセット エディタから作成できませんのでご注意ください。
  • vrayExportVRSceneコマンドに次のパラメータが追加されました – StripPaths、HexArrays、HexTransforms
  • ジオメトリ修正アセットをアウトライナーからシーン オブジェクトにドラッグ アンド ドロップして適用できない問題は解決されました。
  • .tx テクスチャ ファイルのビューポート プレビューは、特定の状況下で失われることはなくなりました。V-Ray ライブラリ マテリアルを使用するプロジェクトを再配置しても、白いマテリアルがビューポートに表示されることはなくなりました。
  • vrayCosmosコマンド(およびそのDownload引数)を使用してCosmosアセットをダウンロードできるようになりました。
  • V-Ray for Rhino 8のアンインストールで、関連するすべてのプラグインフォルダが正しく削除されるようになりました。
  • オブジェクトのUVW変換を変更すると、インタラクティブレンダリングの更新が正しく行われるようになりました。
  • ブロック内のInfinite Planeが不正確な変換でレンダリングされることはなくなりました。
  • インストーラは、特定のRhinoのバージョンにV-Rayをインストールできない理由をより詳細に表示するようになりました。Rhinoがインストールされないことと、必要最小限のバージョンに更新されないことは明確に区別されます。

V-Ray GPU

  • 出力画像の解像度を上げても、GPUライトキャッシュが遅くなることはなくなりました。
  • SSS またはボリューメトリック半透明のマテリアルおよびマットオプションが有効な Wrapper マテリアルを含むシーンで V-Ray GPU がクラッシュしなくなりました。
  • オムニライトからソフトシャドウを投影できない問題は解決されました。
  • ディレクショナルライトからソフトシャドウが投影されないという問題が解決されました。
  • ディレクショナルライトの強度が正しくないという問題が解決されました。
  • GPU モードで 2D および 3D のテクスチャープレビュースウォッチが黒くレンダリングされることはなくなりました。

UI

  • 特定の状況下でアセットアウトライナーのマウスホイールによるスクロールができない問題は解決されました。
  • プログレッシブ レンダリング モードでminimum subdivisions qualityパラメータが正しく設定されないという問題は解決されました。
  • 他の V-Ray インテグレーションがインストールされているシステムで、AppSDK のビンパスが不正に設定されることはなくなりました。
  • VRayMtl / Refraction / Depth パラメータの不正な上限値が削除されました。
  • Cosmos Browserは、デフォルトで画面の左側に表示されるようになりました。
  • レクタンジェロライトのレガシーポータルライトオプションを無効にしても、エラーが発生しなくなった
  • マウスホバー時にドロップダウンメニューの項目がオフセットされることがあったのを修正した
  • ホストアプリケーションで名前が削除されたScatterゲストの名前をGUIDで自動的に置き換えることができるようになりました
  • Cosmosブラウザにログインする前にCosmosアセットを更新またはダウンロードしようとすると、不正なポート番号でURLが開かれることがあった。
  • 権限の不足が原因でアセットのプレビューに失敗することはなくなりました。
  • 特定の状況下でアセットプレビューに失敗する問題は解決されました。

Grasshopper

  • V-Ray Scatter コンポーネントに Density Map パラメータが追加されました。
  • RTXモードが選択されている場合、Grasshopper定義へのすべての変更がインタラクティブなレンダリング更新を正しくトリガーするようになりました。
  • インタラクティブ レンダリング中に Grasshopper の特定のレンダー要素を切り替えるとクラッシュする問題は解決されました。
  • プロキシコンポーネントの1つで無効な .vrscene または .vrmesh ファイルを読み込んでも、例外エラーが発生しなくなりました。

Vision

  • フライ ナビゲーション モードでの移動は、デフォルトで水平方向に拘束されなくなりました。フリーフライト]チェックボックスを無効にして、必要なときに拘束を有効にするように戻しました。
  • シャドウの画質はデフォルトで「Medium(中)」が選択されています
  • Vsyncをデフォルトで有効にし、カメラが素早く動いたときのティアリングを防ぐことができます
  • 特定の状況下でフライナビゲーションモードのカメラがわずかにジャンプする不具合は解消されました

関連記事

ページ上部へ戻る