ブログ

Pixologic社 ZBrush 2022.0.1 アップデートを提供開始

Pixologic社 ZBrush 2022.0.1 アップデートを提供開始

Pixologic社は、ZBrush 2022 のマイナーアップデート “ZBrush 2022.0.1″を提供開始致しました。

詳しいアップデート手順は「ZBrush 2022 アップデート案内」の記事を参照ください。

アップデート手順:

ZBrush 2022 から 2022.0.1 にアップデートするには、2つの方法があります。お好みのものを使用してください。
ZBrush 2022以前のバージョンからアップグレードするにはこちらを参照

  • ZBrush 2022をご利用中でパソコンがインターネットに接続できる場合、ZBrush2022インストールフォルダーに見つかるZUpgraderアプリケーション(updaterアプリケーションでは無い点に注意!)を実行するだけです。後は画面の指示に従ってください。
  • もしくは現在のバージョンをアンイストールして、PixologicのMy LicensesページからZBrush 2022.0.1フルインストーラーをダウンロードできます。

ZBrush 2022 以前のバージョンからアップグレードしたことがない場合は、ZBrush登録時のemailアドレスを持つPixologicアカウントでMy Licensesページにログインしてください(Pixologicアカウントが無い場合は登録emailでアカウントを新規作成してください)ログインしアカウントの登録emailがPixologicデータベースと一致しているとZBrush 2021.6.x にアップグレードするボタンが表示されます。画面の指示に従ってライセンスをアップグレードしてください。ライセンスをアップグレードしたら、新しいバージョンをダウンロードできます。

※Mac版ユーザーへ注意: ZBrush 2021.7 は Mac OS 10.11 以降のみサポートされます。

フローティングライセンスでご利用の場合、株式会社オークのサポートからemailでZBrush 2022.0.1アップデータのダウンロードアドレスの通知があります。こちららダウンロードしてインストールしてください。ライセンスのセットアップ方法は前回と同じです。

ZBrush 2022.0.1 更新内容(2021年11月24日リリース):

  • ギズモ3Dをさらに更新し “3Dプリミティブ”でギズモ3Dを使用する場合にもフォールオフが利用可能になりました。さらにギズモ3Dのデフォーマーを使用する場合にもフォールオフを使用できるようにしました。例えば、デフォーマ / ソフトデフォーマ / ハードデフォーマ をテストすると”焦点移動”のフォールオフ設定を尊重してデフォーマのポイントが移動/拡大縮小/回転する事がわかります。
  • Moveブラシを使用した後に、表示がおかしくなる問題を修正
  • “最後を調整”[Adjust Last]をホットキーに割り当てても機能しない問題を修正
  • PolyMeshに変換される前のプリミティブでギズモ3Dがクラッシュする問題を修正
  • Windows版にて失われていたImage Planeプラグインを復活
  • FBXインポートでメッシュ/カメラの名前が重複する問題を修正
  • ホームページで「接続なし」画面が表示される問題を修正

ZBrush 2022 の新機能を様々なアーティストが使用してみるライブストリーム

関連記事

ページ上部へ戻る